要注意!Pairs女子にドン引きされるプロフィール写真12選!

どうも、Loverador編集部、ライターのミツルです。

Pairs(ペアーズ)』などのマッチングアプリでは自分の写真をプロフィール写真に設定して異性にアピールしていきますが、この時どんな写真を選択するかはとても重要です。

あなたがどんなにイケメンでも、写真の構図がダサければ「いいね!」はもらえませんし、逆にあなたが顔にコンプレックスを持っていても、写真で良い雰囲気を演出することができれば「いいね!」をもらうことができます。

この記事では、女性にドン引きされるプロフィール写真の例を12個紹介しています。タイトルにPairsを冠していますが、Omiai、タップル誕生、ユーブライドなど、他のマッチングアプリでも応用できると思うので、他のアプリをやっている方も参考にして見てください。

現時点であまり「いいね!」がもらえず困っている方や、自分のキャラクターの方向性が定まっていない方は、ぜひ参考にしてくださいませ。

それでは行きます。

Pairsでドン引きされるプロフィール写真9選!

1. 見るからにチャラそう

金色に染められた髪、小麦色に焼けた肌、大きく開放された胸元にジャラジャラとしたシルバーの装飾品……。

さすがに今時こんな「あからさまな人」はいないと思いますが、それでもLoveradorの女子編集部員のスマホとかを借りて他の男性ユーザーのプロフを見て回っていると、「チャラそうだなー」って人をしばしば見かけます。

Pairsに限らず、マッチングアプリに登録する女性は基本的に真面目な恋愛を求めています。誠実さを下げる要因はできる限りプロフィール上からは削除しておきたいところですね。

セフレ目当てでPairsを利用している場合でも、初めはチャラさ控えめに行った方が勝率が高いと思います。経験上……。

2. 風景・小物・ペット

顔に自信がないからなのか、あるいは身元バレを避けるためなのか。様々な理由があるのだと思いますが、風景や小物や自分のペットの写真をプロフィール写真に設定している方をよく見かけます。

ちょっとキツイことを言いますが、マッチングアプリのプロフィール写真にこのような写真を選ぶつもりなら、マッチングアプリなど初めからやらない方がいいでしょう。

まず出会えないんで。

女性の場合だと雰囲気写真でもフツーにアプローチかけてもらえますが、男性は基本的に余っているので顔がわからない人はすぐに候補からはずされます。

顔出さないでマッチングアプリをやるなんて、自ら「僕を警戒してください!」って言っているようなものです。

誰も得体の知れない人と仲良くなりたいとは思いません。顔出し写真の設定することはマッチングアプリで出会うための最低条件です。

Pairs公式サイトで実施されたアンケートでは、プロフ写真の顔出し/顔隠しについて

アバター 20代女性

「顔が分からないと不安」

出典:Pairs

アバター 30代女性

「顔写真は必須で載せて欲しい」

出典:Pairs

「顔写真は必須で載せて欲しい」はちょっと日本語的にアレですが、まあそういう細かい話はおいておいて、マッチングアプリを利用している女性は皆こんな風に思っているようです。

3. 顔の一部をモザイクなどで隠している写真 & 横を向いている写真

上の「風景・小物の写真」ほどではありませんがこれもあまりウケがよくないです。ドン引き、というほどではないですが、実際に会った時に写真で隠していた箇所についてドン引きされたら元も子もありません。

リアルで会った時に「うわ、引かれてる……」と感じた時の辛さたるや。まあ、僕の場合はそれ覚悟で出会う確率高めるために盛ってる写真を使っているのでたまに引かれますし、もう慣れましたが、メンタルが弱い自覚がある人は某雪の女王に倣って「ありのまま」で行った方がいいでしょう。

以下はLoverador編集部女性スタッフのコメント。

アバター

リオ

「横向いてごまかしている人とかリスク高くて会いに行けないわw」

これが結論ですね。

4. 男性 × SNOW

PairsやOmiaiを使っていると、SNOWを使っている人をよく見かけます。

SNOWとは?

自撮りアプリ。使うと女の子の顔に犬や猫の鼻や耳が生えます。

SNOWと言えば今流行りの自撮りアプリですが、ルックスの良し悪しの判断を大きく妨害する男性泣かせのジャミング・ツールでもあります。

僕の周りのメンズの意見を集めてみるとこんな感じでした。

アバター ミツルの友達A

「単純にうざい」

アバター ミツルの友達B

「ケモナーの俺が寛喜できない擬獣化アプリに一体何の需要が」

アバター

ユウキ

「プリクラと同じ臭いを感じる。信用できない」

アバター

「お兄ちゃん、なんで女子みんなすぐSNOW使うん」

似たような感想を抱いたことがある方も多いのではないでしょうか。

純粋な恋を求める男性の敵、SNOW。

しかし、女性アカウントを介してマッチングアプリの男性ユーザーを見ていると、たまにこのSNOWの魔力に屈してSNOWMANと化してしまった殿方を見かけます。特にリア充の若い人に多いですね(リア充を避難しているわけではありません)。

ただ、男性がSNOW使うのってどうなんすかね。って思って女性の意見をネットで集めてみたところ、こうなりました。

アバター

「男がSNSの画像をsnowにしてる奴はキモイ」

出典:ハムスター速報

アバター

「男同士でsnowで写メ撮ってLINEの画像にしてる奴wwwwwww」

出典:ハムスター速報

アバター

「snowやってる男もキモくね?」

出典:ガールズちゃんねる

まあ、案の定というか。

参照にしているサイトがアレなんで多少の偏りはあると思いますが、フツーに考えて、世間一般の受けは悪そうですよね。

男 × SNOW = ダメ、ゼッタイ。(特にマッチングアプリでは)

5. 顔面ドアップ

これは自撮りに慣れてない叔父様方に多いのですが、稀にカメラが近すぎて顔面がドアップになってしまっている写真を採用してしまっている方がいます。

マッチングアプリのプロフィール写真には顔がよくわかるものを採用したいですが、あまりアップすぎるのは逆効果です。あまり印象がよくありません。

アバター 30代男性

「迫ってくるみたいでちょっと圧迫感を感じる・・」

出典:Pairs

アバター 30代女性

「アップすぎて顔が良く分からない」

出典:Pairs

アバター 20代女性

「アップ過ぎるとスマホで見たときに顔だけでびっくりする(笑)」

出典:Pairs

最後の方にも笑われてしまっていますが、度がすぎるアップ写真はドン引きを通り越してネタになってしまうので気をつけましょう。

写真を撮る時は距離感を大切に。もちろん、遠すぎて顔が判別しにくいのもアウトです。

6. トイレ自撮り

トイレ自撮りとは、トイレの鏡に映った自分を間接的に自撮りすること。

「そんなのプロフィール写真にする人いるの?」って思う人も多いでしょうが、けっこーいるんですよね。ちょっと高級なホテルだと、トイレの中もけっこうセレブっぽいから、そこでパシャっとやっちゃうんでしょうね。

でも、どんな綺麗だってトイレはトイレですから!

まあ、セレブ感あるトイレならまだいいですが、稀に「これ……公衆便所じゃない?」って感じの写真を使っている方もいます。「世の中にはいろんな感性の人がいるなあ(^^)」と思わずにはいられないですね。

7. 生活感まるだし

Pairsの男性ユーザーのプロフィールを見ていると、たまに風呂に入る前の(?)ランニング姿の写真や、散らかった部屋がちらっと写ってしまっているような写真を採用している方を見かけます。

親近感を沸かせるためにある程度生活感が感じられる写真を使うのも1つのテクニックですが、あまりに生活感が出てしまっているのは考えもの。多くの人に見られる写真には最低限気を遣いましょう。出会い云々の前に気を遣える大人になりましょう。

8. 上半身裸

自分の肉体によほどの自信があるのか、たまに上半身裸や水着姿の写真をプロフ画像にしている方がいますが、基本的にあまりウケはよくないです。どうしてもドヤ感やオラ感が出てしまうので、一部の筋肉愛好女子以外にはドン引きされます。

プロフィール写真で筋肉をアピールしたい方はTシャツやスポーツウェアなどを着た状態のものにしましょう。

9. ナルシスト

ナルシストな写真はドン引きされてしまう写真の定番ですね。具体的に言うと、カメラに対し顔を斜めに向けてカメラ目線の写真とか、自撮りなのに頬杖ついたりしてポーズ撮っちゃってる写真とかです。この辺が癖になっちゃうとだいぶイタい(たぶん陰でネタにされる)ので、思い当たる節がある方は早めにやめておきましょう。

どこまで行くとナルシスト判定を受けてしまうのかわからない、判定が難しいという方はとりあえず自分が思うナルシストライン(ナルシストと非ナルシストを隔てる境界線)を大きく下回る写真をチョイスするといいでしょう。自分が大丈夫だと思っていても、女性からすると「うわ〜……」って思われてしまうケースってけっこうありますからね。堂々と「俺はナルシストじゃない!」と主張できるくらいがちょうどいいかもしれません。

Pairsユーザーの声はこんな感じ。

アバター 30代女性

「男性の斜め上からの自撮りは完全にナルシストにしか見えない・・」

出典:Pairs

アバター 20代女性

「自然な笑顔とかならいいですが、俺はこの角度っていうのが分かっているような自撮りはちょっと嫌かな・・」

出典:Pairs

基本的に自然体な写真(キメてない写真)を使った方がマッチングアプリでは反応が良いと思います。

10. 稼いでますアピール&過剰なキラキラ

高そうなスーツを着込んで白い歯をチラッ。ビジネス仲間と集まってアロハポーズ。高級車、ブランド物のバッグ、etc……。

こういったビジネス感、キラキラ感が強めに出ている写真は、一般的にはウケが悪いです。

特にマッチングアプリでは、稼いでる感MAXな写真、リア充感が高い写真を設定していると「この人って本当に出会いに困っているのかな」「会ったらネットワークビジネスの勧誘とかされそうで怖い」などと思われてしまうことが多いようです。

アバター Pairsで出会った女性

「前にPairsで知り合った人が露骨に金持ちアピールしてきてキモかったんでフツーにブロックしました。奢ってもらった上で申し訳ないけど」

アバター Pairsで出会った女性

「ネットワークビジネスっぽい人から『いいね!』もらっても基本全部無視してます」

女性のプロフィールを見ていると、「ネットワークビジネス・宗教の勧誘はお断りです」みたいな風に書いている人も多いですね。もちろん「勧誘・営業バッチコーイ」みたいな女性もごく稀にいますが、基本的にマイノリティなのでそこを狙いに行くのはあまり勧めできません。

11. プリクラ

皆さんはプリクラの写真をプロフィール写真にしている女性についてどう思いますか? まあ、女性は良いとして、プリクラをプロフ写真に男性が女性にどう思われていると思いますか? おおよその予想をつくと思いますが、基本的にウケは最悪です。

アバター 20代男性

「明らかに目や肌が不自然で実際の姿を疑ってしまう」

出典:Pairs

アバター 30代男性

「年齢的にノリが違うなって思います」

出典:Pairs

アバター 20代女性

「男性のプリクラは元彼女と撮ったの?って想像してしまう」

出典:Pairs

てか、プリクラって今でもあるのかってくらい昔に比べて廃れましたよね。だいぶプリクラ写真とかをSNSのアイコンにしてる人もかなり減った気がします。

12. 証明写真

マッチングアプリのプロフィールは誠実さを売りにした方がウケがいいですが、証明写真はさすがに堅いというか……ちょっと怖いです。

にわかには信じがたいかもしれませんが、これもけっこういるんですよねー。昔ながらのお見合い写真とかの名残なのかな? ……いや、だとしても証明写真はちょっと違う気がしますよね。

まとめ

今回は女性にドン引きされてしまいやすいプロフィール写真のパターンを12個紹介してきました。いかがだったでしょうか。

もしこの記事を読んで「あ、俺だ」と思った方や「やばっ……」と焦りを抱いた方は、いまずぐにプロフ写真を変えた方がいいでしょう。「あ? 何が悪いんだよ、ふざけんなコラ」と思ってしまった方は、自分が気づいていないだけで周りからは冷ややかな視線を浴びている場合が高いので、一旦自分を客観視してみてくださいませ。

さてさて、今回の記事の内容を一言でまとめると、今の時代は「自然体」がトレンドであるということが言えそうですね。ゴリゴリ、ガチガチ、キラキラしてしまっている方は、もう少しだけナチュラル成分を足してあげることで改善が測れるかもしれません。ぜひやってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Loverador編集部がオススメするマッチングアプリ

会員数最多・マッチングアプリの最高峰。Facebookと連動しているので、安心安全!編集部イチオシのアプリです。

婚活アプリの中ではトップクラス。将来を見据えた堅実な出会いがしたい人にオススメ。完全月額制なのでシンプルで使いやすい!