恋愛が長続きしなくて悩んでるなら、Pairsを使ったら解決するかもしれないという話

こんばんは、Loveradorデザイナーのけいすけ(24歳)です。

突然ですが、あなたは恋愛が長続きするタイプですか? それとも、長続きしないタイプですか?

長続きすることもあれば、しないこともあるよっていう人がほとんどとは思いますが、僕は紛れもなく、長続きしないタイプです。短くて2日、長くても3ヶ月とか、そんな恋愛を繰り返してきました。

もちろん望んでのことではありません。全然飽き性でもないし、心を許し合える相手が欲しいと思ってるのに、です。

気張って自分を飾っているときは上手くいっていても、少しずつ本来の自分をさらしていくうち、次第に距離が生まれてしまったり、逆に相手のことがわかっていくうちに「やっぱり違う」と感じたり。

いわゆる「コレジャナイ感」というやつでしょうか。

公私でギャップが激しい人や、感情の起伏で人格が大きく変化する人は、相手にとって「コレジャナイ」と感じられてしまいやすいです。

また、自分の中の価値観を簡単に曲げられない人や、異性に求めるこだわりが強い人は相手に対して「コレジャナイ」と感じやすいことでしょう。

僕はそのどちらにも当てはまるので、まさに、恋愛が長続きしないタイプというわけです。

でも、そんな僕にも今は2年以上(記事執筆時点)お付き合いが続いている彼女がいます。2年を長いと感じるかどうかは人それぞれだと思いますが、僕にとっては断トツで最長記録です。

そして、本記事のタイトルからお察しの通り、その彼女とはマッチングアプリ『Pairs(ペアーズ)』で出会いました。

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回は僕のように「恋愛が長続きしないタイプの人」に向けて、「Pairs使ってみたらどうですか?」っていう趣旨の記事を書くことにしました。

僕がPairsをどのように使って彼女と出会ったか、つまりは理想の相手と出会うためのコツを、なるべく要点を押さえて伝えたいと思います。

恋愛って本当に人それぞれですし参考になるかはわかりませんが、少しでも、同じ悩みを抱えてる人の助けになればうれしいです。

なぜ、恋愛が長続きしないのか? どうすれば長続きするのか?

まず、恋愛が長続きしない理由や、長続きさせるにはどうすればいいのかっていう部分から考えていきたいと思います。

僕が思うに、恋愛が長続きしない理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は「自分の性格・性質」です。

上でも書いたような、「ギャップが激しい」、「相手に求めるこだわりが強い」というのをはじめとして、恋愛が長続きしにくい性格や性質というのはやはり存在します。

そういう性格・性質をいくつか持ち合わせていると、早い段階で「コレジャナイ」と感じ、感じられて、別れてしまうことが多い。そういう人がまさに、「恋愛が長続きしない人」となるわけです。

そして、付随して新たな問題が発生します。それは、「恋愛が長続きする人」になろうと努力してしまうことです。

自分の内面を問題視して、それを変えようとしても簡単には変えられないし、変えたとしても結局は居心地が悪くなって、すぐに本来の自分にもどります。あるいは無意識に表れることもあるでしょう。それらは、自分をさらけ出せてない状態にほかならず、またもや、早い段階で「コレジャナイ」が起こります。

もちろん自分を変えたり、わがままを我慢したりしなくてはいけない部分はあります。お互いに何も我慢せず成立する人間関係なんてありませんから。

だからこそ、”お互い”がすんなり我慢できる範囲で、無理せずに続けられる関係を築く必要があるのです。

そう、2つ目の理由は「まちがった相手を選んでしまうこと」です。

そもそも、自分の性格を無理せず受け入れてくれて、かつ自分好みな相手であれば、長続きしない理由はありません。

「恋愛が長続きしない人」っていうのは、言い換えれば「長続きしない相手と恋愛をしている人」なんです。(これは実際に、僕が友人から言われたことです)

つまり、恋愛を長続きさせるための一番の秘訣は、自分と長続きする恋愛ができる(=相性のいい)相手と出会うことなのです。

ただ実際のところ、実生活で長続きする相手と出会うのは、言うまでもなく、めちゃめちゃ難易度が高い……。ましてや、恋愛が長続きしにくい性格を持ち合わせる僕らにとっては、はじめからハードモードでプレイしてる状態なわけです。

僕の場合、職場(IT系)には出会いもなく、もともとの友好関係も狭い方なので、極めて絶望的でした。

そこで活用したのがマッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」というわけです。

マッチングアプリと「Pairs(ペアーズ)」について

「そもそもマッチングアプリって何?」という方のために、まずは簡単な説明を。

マッチングアプリというのは、インターネット(SNS)を使って、男女を出会わせる(マッチングさせる)サービスの総称です。

「ん?それって出会い系だよね」と思った方、正解です。いわゆる出会い系を、現代っぽい“アプリ”というワード使って横文字でオシャレに呼び変えただけです。

ただ、“マッチングアプリ”という名目で提供されているサービスは、かつてのいわゆる出会い系と比べて健全なイメージのものが多く、女性の利用者の比率が高いという性質的な違いがあります。

マッチングアプリの中でも「Pairs(ペアーズ)」は群を抜いて利用者数が多く、女性利用者の比率が高いです。利用者数は現在600万人以上で、その4割が女性です。

計算上では200万人ほどですが、カップル成立した人も含めるので実際はもっともっと少ないでしょう。それでも数十万人は確実にいます。

その中に、あなたと相性抜群の相手がいて、その人と実際に出会えるかはわかりませんが、ネットを除外したリアルな出会いだけに期待するよりは、可能性が広がるのは言うまでもありませんよね。

ちなみに、Pairsは「Facebookとの連動」が必須のアプリなのですが、連動させることでFacebook上の友達とは出会わなくなるようアルゴリズムが組まれています

使うためにはFacebookのアカウントが必要で、Facebookのアカウントを持っている人は必然的に検索結果に表示されるなくなる。つまり誰にもバレないってことですね。これもPairsを利用するための後押しになりました。

Pairsで今の彼女と出会い、付き合うまで

ここからは、実際にPairsを使って、今の彼女と出会い、お付き合いするまでの話です。

工夫すればマッチングするし出会える。でも発展はしない。

まずは失敗談から。

Pairsにログインすると、色々な女性のプロフィールがずらりと表示されます。

Pairsホーム画面

僕が利用していた頃は今より全然会員数も少なかったんですが、それでも結構可愛い人もいました。

で、「この人から『いいね!』ほしいなぁ……」とか、「自分ってどれくらい『いいね!』獲得できるのかな?」考え始めます。

Pairsにおける「いいね!」とはPairsでは気になる異性に「いいね!」することができ、お互いに「いいね!」することでマッチングが成立する。

もうすっかり目的がすり替わってしまっていました。より多くの「いいね!」を獲得するため、人当たりの良いプロフィールを作成して、気の利いた自己紹介文を書いて……。

工夫することで、「いいね!」をもらえたし、マッチングもしました。実際に会うこともありましたが、相手のノリが軽め(女性は利用無料なのでお試し程度で会うことも多い)だし、相手にもこだわってないようなので、求めているような出会いがなく、何も発展もしませんでした。

何度か実の無い出会いを繰り返して、「これじゃ意味ないな」と思い、方針を変更することにしました。

Pairsで相性の良い(長く続く)相手を見つける方法

それからまた改めて、Pairsで相性の良い(長く続く)相手を見つけるために、様々な工夫をしてみました。結果として、重要と断言できるのは以下の3点です。

  • プレミアム会員になること
  • プロフィールには自分のことをきちんと書くこと
  • 検索を日課にすること

とくに難しいことはないので、順を追ってさっくり説明します。

真剣な出会いを求めるならプレミアムオプションを付けるのは必須

Pairsは登録無料のサービスですが、男性の場合、無料会員では相手からのメッセ―ジの内容を確認することすらできません。つまり男性が出会うためには絶対に有料会員にならなければなりません。

そして男性は有料会員に、「通常の有料会員」と「プレミアムオプションを付けた有料会員(=プレミアム会員)」の2つのグレードがあります。

プレミアム会員は通常の有料会員と比べ、「いいね!」できる回数が多いという特典があります。しかしそれ以上に重要なのが、検索結果画面で自分が上位表示されるようになるという特典です。

自分と相性がいい相手なんて世の中にそうたくさんはいません。もしあなたが通常の会員だった場合、他のプレミアム会員に埋もれ、その限られた相手に自分の存在をアピールする機会を失ってしまうことになります。

どんなに自分と相性がいい素晴らしい人がいたとしても、気づいてもらえなければ意味がありません……。

プレミアムオプションは普通の会員料金3,480円/月にプラスして2,980円/月の料金がかかります。(※)

男性は最初の段階で6ヶ月プランを選択すると、プラスの料金分が半額になるので、最初の6ヶ月は5000円弱の出費になります。外で出会いを求めるのに比べたらコスパは良過ぎるくらいです。

ちなみに女性の場合は基本無料なので、プレミアムオプションに相当するレディースオプションを利用しても出費は2,900円/月だけで済みます。羨ましい……。

※利用料金は決済方法によって微妙に増減します。

プロフィールには自分をそのまま反映させる

Pairsで相手にアピールできる情報は、基本的に自分のプロフィールしかありません。

ライトな出会いを求めるならまだしも、真剣にパートナーを探すのであれば、プロフィールは自分に忠実に、かつ自分を客観視して作成しましょう。

プロフィールの写真はきちんと顔がわかるように。変に恥ずかしがっても、かっこつけても、いいことはありません。

選択式の「Pairsプロフ」、「詳細プロフ」はあなたに忠実に。相手との「相性度」の表示にも影響します。

自己紹介文はあなたの人となりがわかるように。文体やテンション間、書きたいことを自分らしく書きましょう。

いずれの場合も、広い範囲の相手に媚びを売るより、素の自分に「いいね!」してくれる数少ない女性を待った方がいい出会いになります。この辺の考え方は人それぞれですし、何ならLoverador編集部の中でも意見が分かれるのですが、相手にちゃんとこだわりたいという人は間違いなくこういったスタンスで望んだ方がいいでしょう。

プロフィールを素直に設定したら、元が「いいね!獲得用プロフィール」だったのも相まって相まって、獲得いいね!数はガクンと減りました。しかし、マッチングしてメッセージを交換した女性とはすべて、何通もやり取りが続くようになりました。以前はすぐフェードアウトしたり、既読無視する女性の方も多かったので、結果的に見ればこれは良い改変だったのではないかと思います。

検索を日課にする

Pairsには、条件を設定して異性を検索できる機能があります。前述の男性のプレミアムオプションでは、検索条件をさらに追加したり、検索結果を新着順などで並び替えたりする機能があります。

条件を細かくすればするほど、合致する女性は極端に減っていきます。それでも、日々「新着順」で検索すれば、いつかは合致度の極めて高い女性とマッチングすることができると思います。毎日コツコツと取り組んでいれば、高い確率にもなるでしょう。­­­

僕の今の彼女も、検索を掛けてこちらから「いいね!」したのを覚えています。


僕がPairsを利用する上で重要だと感じたのは上記の3点です。(プレミアムオプションは最初からつけてました)

特に難しいことはしていません。強いて言うなら「いいね!」が全然もらえない時に、脚色を加えたプロフィール(盛ったプロフィール)に変更してしまわないよう我慢するのが大変なくらいでしょうか。

プロフィールを自分に忠実にして、ちゃんと相手を厳選すると、会える人数的には少なくなってしまいます。僕のやり方でやる場合、じっくり待つ忍耐力は問われるかもしれませんね。

プロフィールを自分に忠実なものにしてから、僕は2人の女性に出会いました。そして、そのうち2番目に会った女性と何度か食事に行った末、この人なら「ずっと一緒にいられるな」「ずっと一緒にいたいな」と思うようになり、こちらから告白してお付き合いすることになりました。それが、僕の今の彼女です。

まとめ

今までの恋愛では相手に合わせることが多くて居心地が悪かったり、自分の内面をさらけ出すのを恐れて窮屈な思いをしたりすることが多かった自分ですが、今ではそういう悩みはなくなりました。

その要因を一言でまとめるならズバリ、相性です。

どんな人にも(僕みたいなタイプの人間にだって)相性がいい相手というのは必ずいるものなんだな、と今の彼女と付き合っていてつくづく思います。その範囲が極端に狭いだけで。

マッチングアプリが世の中に浸透したおかげで、出会いが少ない人にも異性の選択肢が広がり、相性のいいカップルができる確率は上がったんじゃないかなと思います。

あなたもPairsで理想の相手を見つけて、「恋愛が長続きしない人」を卒業してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Loverador編集部がオススメするマッチングアプリ

会員数最多・マッチングアプリの最高峰。Facebookと連動しているので、安心安全!編集部イチオシのアプリです。

婚活アプリの中ではトップクラス。将来を見据えた堅実な出会いがしたい人にオススメ。完全月額制なのでシンプルで使いやすい!