マッチングアプリで実際に出会うのが怖い女性へ。会う時に気をつけたいことをまとめてみた

こんにちは。Loverador編集部の平山リオです。

『Pairs』などのマッチングアプリでは、メッセージのやり取りを重ねたら、次は「会うこと」を考えますよね。

Google検索しても「会うまでの期間」「会うためにこうした」「ヤリモクと思われないために」と言う男性目線の記事は多いものの、女性目線の記事は数が少なく、ますます会うことに不安を感じる方も多いと思います。

結果から言うと、マッチングアプリで会うことはいくつかのポイントを注意しておけば決して危険でも怖いことでもありません。

「メッセージではいい人だと思うけど、会うとなるとやっぱり不安・・・」、そんな女性も多いはず。

というわけで今回は会うことになかなか踏み切れない女性の方々に向け、「会うまで確認しておくこと」や「気をつけたいこと」をまとめてみました!

デートの前に気をつけること

1. 「プロフィールが全て真実とは限らない」というつもりで臨みましょう

マッチングアプリは本音で書くのが大前提。ですが、書かれたプロフィールが全て本当のこととは限りません。

ありがちな詐称は身長と年収ですが(苦笑)、何が嘘かは、メッセージのやり取りだけではもちろん、一度会ったぐらいでは分からないことも多いです。

真剣に出会いを探しているに人からすれば不誠実極まりないですが、未婚と偽って既婚者も紛れている可能性も……。

「プロフィールの内容が全て本当とは限らない」、この前提で、あなたにとって譲れないポイントはどこか考えておきましょう。

そうすれば、後々プロフィールと違ったところが出てきたときに、関係を続けるべきか否かの判断がしやすく、必要のない相手とずるずる関係を続ける必要がなくなります。

2. 詳細な個人情報を話すのは避けましょう

メッセージのやり取りで相手のことが信頼できると思っても、会って間もない内に住所や最寄駅、会社名など、詳細な個人情報を話すのは避けましょう。

うっかり個人を特定できることを伝えてしまい、相手と「ちょっと合わないな」と感じた時に、怖い思いをするのは女性の方です。

アバター

私はペアーズで知り合い、連絡を交換してるうちに、「大丈夫かな?」と思って、しばらく連絡を続けたあとLINEを交換しました。

しばらくして、「ちょっと合わないかな?」と私は思ってたんですが、まぁ会ってみないとわからないかな?と思い会ってみることにしました。

けど実際合わなくて、会ったあとLINEがきたけど、返信しませんでした。

しかし返事をかえしてないのに、LINEが3通位きたので、正直に合わなかった事、お互い次の相手を見つけるために連絡を止めたいと伝えると

「ひどい」「そんなことだから結婚できないんだよ、クソババア」と連絡がきました。

怖くなってブロックしました。

仕事等詳しくは伝えてませんでしたが、住んでる地域や駅を知られてるのとLINEで写真を見られてるのが怖いです(T_T)

出典:Yahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス

こんな例も実際にあるらしいです。自分の個人情報は自分で守りましょう。

それと、LINEの登録を本名でしている方も要注意

今の時代、LINEで本名を知ったことからFacebookにたどり着き、友人関係から勤務先などが分かってしまうという可能性もあります。

ちなみに、マッチングアプリでLINE交換する際、可能であれば相手のIDを聞いて、自分から連絡しましょう

そうすれば、相手が思ったような人ではなかった場合のブロックも容易ですし、何よりネット上などで勝手に公開されたり拡散されたりと言う心配がなくなります。

デートの時に気をつけること

1. 待ち合わせはベタな場所を選びましょう

待ち合わせ場所は、人が多く分かりやすい、いわゆる「待ち合わせスポット」を選びましょう。

待ち合わせスポットだと人が多いので、中々待ち合わせ相手が見つけられないことも多いはず。

初対面同士なら、なおのこと時間がかかると思います。

通常ならイライラしてしまうこの状況を今回は生かし、相手を先に見つけて、どんな人なのか確認しておきましょう。

もし、相手が写真と違ったり、直前だけど「どうしても会いたくない!」と思った場合や、極端な話相手が複数で来ていて身の危険を感じたりした場合に、気付かれずに立ち去ることができます。

私は、絶対自分から相手を見つけたいので、「待ち合わせ場所だけど少しだけ分かりにくいところ」で待つようにしています(笑)

2. デートの場所は人目の多いところ・住んでいるところが特定されないエリアにしましょう

相手がどんな人か分からないうちは、2人きりになるような状況は避けましょう

また、こちらの生活が推測されないエリアで会う方が良いです。

自分の自宅近くだと、帰りの経路から住んでいる場所の特定もできますし、それが原因で最寄駅で待ち伏せされたり、家まで付けられたりという、トラブルも起こりかねません。

3. 会う時間はお昼の2、3時間がベター

会う時間帯が夜だと、おのずとお酒を飲む可能性が高くなります。

どんなにお酒に強い人でも、アルコールが入ると、冷静な判断を失いがちになるものです。

アルコールで手っ取り早く仲良くなろうと、多少強引にお酒を勧めてくる男性も中にはいます。これはマッチングアプリを通した出会いに限らず、リアルでの出会いでも同じですね。

男性の下心を回避するためにも、可能であれば、デートはお昼から始め、夜になる前には切り上げてしまうのが安全です。

まとめ

今回は「マッチングアプリで会う時に気をつけたいこと」をまとめてみました!

「こんなに気をつけないといけないの?」と思った方もいらっしゃると思いますが、ネットの出会いなので、慎重すぎるくらいでちょうどいいと思います。

今回紹介したすべての項目を気をつけられることが理想ですが、どうしても難しい場合は、ご自身の性格やライフスタイルに応じて調整してみても良いでしょう。

例えば私の場合は、「会う時間が昼間」というのに関しては時々守れないことがあります。

でもそれは、私が「お酒を飲まない」ことと、「人の目がたくさんあるところで会う」ことを徹底しているから。「お酒を無理に進めてきたらその時点でNG」とも決めています。

こちらがお酒を飲まなければ、必然的に相手の飲酒も進みづらくなります。夜でも健全なデートをしたいなら、お酒は極力制限するべきでしょう。

さて、今回の記事を読んでいただくと、会う当日よりも会う前日までに気をつけることが多いということに気づくと思います。待ち合わせの場所や行くお店を選ぶのも、前日に決める場合が多いですからね。

メッセージやLINEでやりとりをしている途中に「この人なんか信用にならないな」「ヤリモクなんじゃないかなあ」と感じた場合は、会う約束を取り付ける前にFOもしくはCOしましょう。

今回の記事は「会う時に気をつけたいこと」ですが、それは「安全にデートを楽しむ方法」でもあります。

ぜひ、会うまでの準備を万端に、当日は思いっきり楽しみましょう!

それでは素敵な婚活or恋活ライフを♫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Loverador編集部がオススメするマッチングアプリ

会員数最多・マッチングアプリの最高峰。Facebookと連動しているので、安心安全!編集部イチオシのアプリです。

婚活アプリの中ではトップクラス。将来を見据えた堅実な出会いがしたい人にオススメ。完全月額制なのでシンプルで使いやすい!