MENU

Dineの料金システムを解説!月額プラン、プレミアムオプションサービスについて詳しく解説します!

従来のマッチングアプリより、更に「出会う」ことにフォーカスしたマッチングアプリ『Dine(ダイン)』。

この記事では、Dineアプリの料金について解説します。内容としては以下の通りです。

  • Dineの月額費用について
  • 女性は無料なのか、それとも有料なのか?
  • 無料会員と有料会員では何がどう違うのか
  • プラチナ会員とは何か? また、どんなことができるのか。

これからDineを使おうか迷っている人や、pairsやwith、タップルからの乗り換えを検討されている方に役に立つ内容になっております。気になっていた部分だけでも読んで頂けたらと思います。

Dineってどんなサービス?

Dineは株式会社Mrk&Coが運営するマッチングアプリ(デーティングアプリ)です。北米発(カナダ・アメリカ)のサービスで、2017年末に日本版がリリースされました。

運営母体のMrk&Co社はベンチャー企業ではありますが、各社ベンチャーキャピタル等(サイバーエージェントベンチャーズ、iSGSインベストメントワークスなど)から約4,000万円を調達し、その他累計約1.9億円を集めた注目の企業でもあります。

追記:Mrk&Co社のメンバーは、もともとDeNAのメンバーだったみたいですね。公式サイトに記載されていました。

image by Dine

Dineの正式なユーザ数は不明(所感では数万〜数十万ほど)ですが、男女比は5:5もしくは4:6と公表されています。登録ユーザ層は、男性は25〜34歳、女性は20代前半が多くを占めています。

どちらかというと婚活より恋活に向いたアプリです。従来のマッチングアプリでは、「マッチングした後にメッセージを何度も何度も重ねて、仲良くなってからようやくデートへ」が一般的な流れでした。しかし、考えてみれば、普段から時間がない理由で異性と出会えなかった人にとって、このようなメッセージから仲良くなる事自体、更なる手間でしかないですよね。

そこをDainは上手くアプローチしており、「いいね!の代わりにお店デートのオファーからスタート」といった全く新しい方法を採用しています。

マッチングアプリとしては後発な部類に入りますが、他のマッチングアプリには見られないこの特徴が評価され、急成長。一気に有名なアプリの1つになりました。

Dineの料金体系

Dineは男性、女性共に有料のアプリです。ただし、お相手とのメッセージは「どちらかが有料会員」であれば出来ます。Dineはこの仕組みゆえに実質男性は有料で、女性は無料で使うケースが多くなっています。

Dineの会員プラン大きく分けて、以下の3つとなっています。

  • 無料会員
  • 有料会員(ゴールド)
  • 有料会員(プラチナ)

それぞれについて、解説していきます。

Dineの無料会員ができること

Dineに登録すると、まずは無料会員からスタートします。

Dine無料会員は以下のような機能制限を受けます。

  • 無料会員同士ではメッセージのやり取りができない
  • Dineコインが購入(課金)しない限り一向に増えない

他のマッチングアプリでは無料会員のままでは出会えませんが、Dineの場合は「相手側が有料会員」であればメッセージが可能です。そのため、必然的に有料会員の方に人気が集まるようになっています。

Dine無料会員と有料会員の一番の違いは「出会いの幅」です。Dineでは「Today’s Picks」という毎日異性がランダムに表示される機能を使って、お相手を探します。無料会員では基本的にToday’s Picksに表示されるお相手しか選ぶことができません。(運良く向こうからアプローチが来る場合は別)

とは言え、無料でも出会える可能性があるのは大いに魅力ですね。

Today’s Picksに表示される異性にはどんな方がいるのか、デートを第一にした新しいコンセプトアプリのDineの使い勝手は自分に合っているのかなど、まずは無料会員になって使い勝手を確かめてみてください。

Dineの有料会員と月額プラン

Dineの無料会員では、限られた選択肢の中でしかマッチングできませんでした。しかし、有料会員になればアプローチできる幅はグッと広がります。

有料会員の場合、プロフィール欄にGoldメンバーのエンブレムが付きます。Dineは無料会員同士ではメッセージできませんので、有料会員というだけで沢山のアプローチがくると思われます。

Dineの月額プランは「1ヶ月プラン」「3ヶ月プラン」「6ヶ月プラン」「12ヶ月プラン」の4種類があります。支払い方法はクレジットカード不可、Apple IDまたはGoogle Playのスマホ支払いのみです。(Apple ID、Google playいずれも料金は同じ)

1ヶ月プラン 6,500円/月
3ヶ月プラン 4,800円/月
(一括14,400円)
半年プラン 3,800円/月
(一括22,800円)
1年プラン 2,900円/月
(一括34,800円)

こちらがDine月額料金の一覧です。全てのプランは自動更新なのでその点にはご注意ください。

一括で契約する月数を増やすと、月額料金がお得になる仕組みですね。さて、問題は”どのプランを選ぼうか?”だと思います。1ヶ月プランですと、どことなく損な感じですし、かと言って1年プランでは「そこまで使い続けるか自信ないなあ…」という方も多いのではないでしょうか。

ずばり、Dineでは圧倒的に「半年プラン以上」がお得です。なぜなら、半年、1年プランには「デート保証」が無料で付いてくるためです。これは「Dine有料会員の加入月×1回のデート(半年プランなら6回のデート)は最低限保証される」といったサービスです。

デート保証とは?

Dineの「デート保証」について詳しくご説明します。

このサービスは、新規で半年プラン、もしくは1年プランを申し込むと利用できるオプションです。もし半年以上のプランを使っても、総デート回数が6回以下(加入月×デート回数)だった場合は、加入月の半分のプラン延長が完全無料で行えます。

例えば、半年プランではデート回数が6回以下で次の3ヶ月が無料。1年プランならデート回数12回以下で次の半年が無料で使えます。

契約月の数だけデートを保証するというのは、それだけアプリでの出会いに自信があるということでしょう。もし万が一出会えなくても保証が付くという点で、半年以上のプランは大変お勧めです。

Dineの有料会員ができること

Dineの有料会員になると、以下のような機能が使えるようになります。

  • デート日程調整とメッセージが無制限に送れる
  • プロフィールにゴールドマークが付く
  • 毎月30コインが無料で貰える

Dineは無料でも出会えるアプリですが、有料会員の方が圧倒的に有利です。また、良いお相手探しにはToday’s Picksだけでは足りないと思われます。

Today’s Picksで表示されるメンバーの追加には「コイン」が必要です。コインを使えば、1日により多くのお相手を閲覧することが可能です。

Dineのコイン制度とその料金体系

Dineコインは、ゴールドメンバーかプラチナメンバーになっていれば毎月無料で貰えますが、別途課金して追加購入もできます。

10コイン 2,200円
30コイン 6,000円
100コイン 3,800円/月
(一括22,800円)
300コイン 2,900円/月
(一括34,800円)

コインには、以下のような使い道があります。

  • 通常のアプローチより目立てる「スペシャルリクエスト」を送れる
  • コイン1枚でToday’s Picksで表示される人数を5人増やせる
  • コイン1枚でマッチングした相手のFacebookを確認できる

一番の使い道はToday’s Picksの人数を増やすことになります。

DineではToday’s Picksで限られた人数しか閲覧できないので、もう少しどんな相手がいるか知りたい時にコインが役に経ちます。

Dineのプラチナ会員の機能、加入するメリット

Dineのプラチナ会員は、有料会員(ゴールド)に加えて利用できるオプションです。ゴールド会員だけでは満足出来なくなった方向けのオプションとなります。使える機能は以下の通りです。

  • Top Picksを利用可能
  • シークレットモードが使える
  • 毎月30コインが無料で貰える

Top Picksとは、人気メンバー100人のプロフィールを閲覧できる機能です。Dine人気メンバーはスペックも高いですので、デートしてみたい相手も直ぐに見つかるかもしれません。

シークレットモードを使うと、お相手のToday’s PicksもしくはTop Picks検索に自分がヒットしません。こちらからアプローチするだけにしたい時や、身バレ防止などに役立つオプションです。

また、ゴールド会員でも毎月30枚のコインが無料で貰えますが、プラチナ会員になると更に30枚無料で貰えます。両方合わせると計60枚のコインがゲットできますね。1コインあたり200円ほどですので、毎月6,000円分が無料でプレゼントされる計算になります。

Dineのプラチナ会員の料金体系

Dineのプラチナ会員の料金体系を表にまとめました。

1ヶ月プラン 6,500円/月
3ヶ月プラン 4,800円/月
(一括14,400円)
半年プラン 3,800円/月
(一括22,800円)
1年プラン 2,900円/月
(一括34,800円)

こちら、ゴールド会員と全く同じ料金設定です。そして、他のマッチングサービスのオプション料金から考えても正直「割高」な価格設定です。

プラチナ会員への加入はしない方が良いまでは言いませんが、加入するメリットがあまりに少ないです。プラチナ会員への課金は慎重になったほうが良いと思われます。

まとめ

今回は、「デートする」にフォーカスしたアプリDineの料金について解説しました。いかがだったでしょうか。

Dineは恋活、食事友達が欲しい人向けのサービスです。過去に「マッチングはしたけど、その後のやりとりが面倒で、デートまで行き着かなかった」という悩みを抱えていた方にピッタリなアプリとなっています。

Dineは無料でも出会える可能性のあるアプリです。お試しでインストールして、ぜひアプリの使用感を確かめてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加