MENU

婚活初心者のための婚活解説!3つの婚活方法を比較してみました

こんにちは! Loveradorライターのユウキです。

昨晩、マッチングアプリで知り合った女性と色々お話をしてきまして。なんでも婚活中らしく、婚活に関する話題で盛り上がりました。

その女性が婚活を始めたきっかけは、友人に誘われた婚活パーティーらしく、足しげく通っていた時期もあったそうです。今はパーティー通いをやめてマッチングアプリに絞っており、今後うまくいかなければ、結婚相談所への入会も考えてるとのこと。

やっぱり、女性って結婚に対して真面目に考えてる方が多いですよね。男性と比べて結婚適齢期が早いというのもありますが、昔と比べて婚活の方法が多様化してきたのも、一因になってそうです。

というわけで、今回の記事では婚活について解説します!

「これから婚活しようかな~」とか、「そもそも何をすれば分からない」というような、婚活初心者に向けた記事に仕上がっています。女性、男性ともに役立つ内容なので、婚活に興味がある方、もしくはこれから始めてみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

それでは解説していきます!

そもそも婚活とは?

そもそも婚活とはなんなのでしょうか?

文字通りのことを言えば「結婚のために色々活動すること」なのですが、それじゃ身も蓋もないので、もっと詳しく見ていきましょう。

まず、結婚したくなる理由は性別によって違います。女性の場合と男性の場合とで、それぞれ見ていきましょう。

女性の場合、焦りや将来に対する不安から結婚したくなる、という方が多いです。例えば子供がほしい方は「若いうちに出産したい」という焦りがあるでしょうし、老後も独力で生きていけるほどの収入がない方は、「老後の面倒は誰が見てくれるのか?」という不安があると思います。

つまり、婚活する女性が求める男性像は「焦りや不安を解消してくれる人」といえますね。具体的には「子供が好きな人、欲しい人」や「一定以上の収入がある、もしくは将来安泰な職業についてる人」といった感じ。

一方男性の場合は、寂しさから結婚したくなる人が多いです。若い頃は気にしていなかったけど、歳を取るにつれて遊んでくれる友人は少なくなり、気づけば仕事ばかりの毎日。このまま死ぬまで一人なのか……。こんな寂しさを抱く男性は多いです。

つまり、婚活する男性が求める女性像は「寂しさを解消してくれる人」、もとい「癒やしを与えてくる人」といえます。具体的には「若くて容姿が美しい人」や「趣味や話が合う人」といった感じでしょう。

一見、全く違うように見える男女の結婚したくなる理由ですが、実はどちらにも共通することがあります。それは「年齢が重なるに連れて結婚したくなる気持ちに拍車がかかる」ということ。つまり歳をとるにつれて手っ取り早く結婚したくなります

当然ですが、手っ取り早くといっても「その辺の異性なら誰でも良い」わけではありません。「相性の良い異性と結ばれたい」、誰しもそう願うはずです。

では「手っ取り早く、相性の良い異性と結ばれるためにはどうすれば良いか?」ということですが、そのために用意されているのが婚活パーティーやマッチングアプリなどの、結婚したい人たちが集まる出会いの場です。

つまり婚活とは、「結婚したい人同士が集まる出会いの場に飛び込むこと」といえますね。

3つの婚活方法を比較

では続いて、具体的な婚活方法について紹介していきますね! 今回比較するのは以下の3つです。

  • マッチングアプリ
  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所

これらは婚活と聞いて最初に思い浮かべやすい、主流な婚活方法でしょう。

そして参考までに、簡単な比較表を以下に用意しました。サラッと目を通しておけば、この後の解説が分かりやすいと思います。

マッチングアプリ 婚活パーティー 結婚相談所
男性の費用 月額:無料~4,000円 参加費:3,000~7,000円 年間:30万~40万円
女性の費用 月額:無料~4,000円 参加費:無料~4,000円 年間:30万~40万円
年齢層 30~40代が中心 コンセプトによる 30~40代が中心
男女比 男性多め 女性多め 5:5
会員数 100万~500万人 10~100人 3万~5万人

マッチングアプリ

マッチングアプリは現代を象徴する婚活の方法ですね。僕もよく使っていますし、婚活初心者に最もオススメできます。一昔前でいうところの「出会い系」とは内容も差別化され、かなりクリーンなイメージを定着させることに成功しています。

実際、Facebookアカウントと紐付けさせて登録する必要があったり、メッセージのやり取りをするには身分証明が必要だったりと、サクラや業者への対策はとても強固。そのため、今の主流なマッチングアプリはほぼサクラ・業者ゼロといえるレベルに達しており、本当の意味で出会えるものに仕上がっています。

そんなマッチングアプリ最大のメリットは、なんといっても気軽にできること。登録から会員検索、気になる異性とのメッセージまで、スマホ一つで完結しますからね。それに婚活パーティーなどは初めて会ったその場で面と向かって話すことになるので、コミュ力に自信のない人はハードルが高いと感じるでしょう。

気軽にできるもう一つの理由として、コスト面でも有利ということが挙げられます。なぜなら、ほとんどのマッチングアプリは、登録や制限範囲内の利用は無料としていることが多いからです。

有料プランに入ればメッセージの制限がなくなったり、有料プランに入っている会員のプロフィールを覗けたりするわけですが、その有料プランは毎月2,000~5,000円程度。今回紹介する中では最もコストを抑えられます。

そのため、とりあえず無料の状態で触ってみて、会員の質が自分に合っていると感じたら有料プランに加入すればいいですし、合わなければ他のアプリを探せば良いわけです。

ただし、無料で使える、もしくはコストが安く済むということは、「結婚に対する本気度が低い人も少なくない」ということ。マッチングアプリの会員数は100万人以上と膨大なので、運が悪ければ「何十人と会ってきたのにどうしても交際に発展しない……」なんて可能性も十分に考えられます。

そういったことをできるだけ防ぐためには、『ユーブライド』などのより婚活に特化したマッチングアプリを利用するべきでしょう。婚活に特化したマッチングアプリは、公式で婚活パーティーを開催していたり、身分証明の必要があったり、より本気度の低い人を排除することができます。

マッチングアプリが向いてる人

  • コミュ力に自信がない人
  • 会う前にじっくりメッセージのやり取りをしたい人
  • あまりお金をかけたくない人

主な婚活アプリ一覧

ユーブライド 日本産SNSの『ミクシィ』が運営している婚活アプリ。初心者にオススメ!
Omiai 婚活をする一歩手前の真剣な恋活アプリ。ユーブライドよりも年齢層が若めな印象。
Pairs 日本最大のマッチングアプリ。婚活だけでなく恋活目的の利用も多い。

婚活パーティー

婚活パーティーとはその名の通り、婚活男女が一つの場所に集まってパーティーをすることです。

マッチングアプリとは違い、ファーストコンタクトがネット上ではなく、実際に顔を合わせることになります。そのため、第一印象を重んじていたり、ネット上で知り合うことに抵抗がある人にオススメでしょう。

そして婚活パーティーと一口にいっても、色々な規模、コンセプトがあります

具体的にいうと、パーティーの規模は10~20人ぐらいが基本です。しかし、大きいパーティーとなると100人まで達することも。その他、「年上男性 × 年下女性」「年収600万円以上の男性限定」など、コンセプトも実に様々。

より自分の求める異性が集まりそうなコンセプトのパーティーに参加すれば、良い出会いが見つけやすいというわけですね。

ちなみに参加費については、女性がかなり優遇されているので、男性は注意するべきポイントです。なぜなら、婚活パーティーは良い相手が見つかるまで何度も通うことになる可能性が高く、参加回数を重ねれば重ねるほど男性のほうが高コストになっていくから。

そのため、コミュニケーション能力に自信がなかったり、理想が高すぎたりする男性は要注意。一回あたりの参加費はそう高くないですが、良い人を見つけたら「このパーティで最後にする」くらいの気合で臨まなければ、たくさんのお金が無駄になってしまいます。

逆に考えれば、女性はそこが嬉しいポイント。マッチングアプリと比べれば、結婚に対して真面目に考えている、誠実な男性と出会えるチャンスを掴みやすいといえるでしょう。

婚活パーティーが向いてる人

  • 第一印象を重んじる人
  • ネットで知り合うことに抵抗がある人
  • コミュ力に自信がある人

主な婚活パーティー一覧

YUCO. 旧ユーブライドパーティー。LINE@に登録すると、参加料金が最大70%割引される特典アリ。
ゼクシィ縁結びPARTY 結婚情報誌で有名なゼクシィ主催のパーティー。多数の企業とコラボしており、料理や旅行など、体験型のパーティーが他にはない特徴。
PARTY PARTY 結婚相談所などでも有名な株式会社IBJが主催する婚活パーティー。運営の質が良いのが他にない特徴。

結婚相談所

結婚相談所の最大の特徴は、専門のカウンセラーが会員の婚活を直接サポートしてくれること。異性との関係作りが苦手な人にとって、とても嬉しいサービスなのではないでしょうか?

自分の好みを伝え、それに合致している会員をピックアップし、お見合い、デートの段取り、交際まで発展したときの恋愛相談、はたまたプロポーズの演出まで、とにかくありとあらゆる面で心強い味方になってくれます。

サポートしてくれる内容はどんな結婚相談所かにもよりますが、当然ながら、サポートが手厚ければ手厚いほど、コストがかかってきます

具体的にいうと、入会金が10万~20万円、月会費が1万~2万円ほど。その他、めでたく結婚できたときの退会費や、お見合いをセッティングしてもらったときにかかる料金もあります。料金プランに関しては、結婚相談所の形態によって大きく異なるので、入会を考えているときはしっかり比較するべきでしょう。

とはいえ、マッチングアプリや婚活パーティーと比べたら、結婚相談所は総じて圧倒的なコストがかかります。しかし、これはデメリットのように見えて、実はメリットであるという見方もできるのです。

なぜなら、それだけたくさんのお金をかけるほど、結婚に対して真面目に考えているといえるから。

そのため、より相性の良い異性と出会える可能性は、マッチングアプリや婚活パーティーと比べて格段に上がります。

また、婚活パーティーのように、コンセプトが決められている結婚相談所(男性は医師限定、女性はCA限定など)もあるので、他とは違ったこだわりがある人にもオススメですね。

結婚相談所が向いている人

  • お金はあるが出会いがない人
  • より素敵で相性の良い相手と出会いたい人
  • メンタルが弱い人

主要な結婚相談所

IBJメンバーズ 専任のカウンセラーが付く仲人型結婚相談所。大手の相談所の中でも最大の会員数を誇る
ツヴァイ イオングループ傘下の結婚相談所。1984年に設立された老舗で、会員の年齢層も高め
パートナーエージェント 会員層が若めな印象。サービス内容に応じて様々な料金プランが用意されている

その他にも色々あるけど……

ここまで3つの婚活方法を紹介しましたが、もちろん、これ以外にも婚活と言える方法はいくつかあります。アプリや結婚相談所を利用などの「ガチな婚活」に対し、少なからず抵抗を感じる方も少なくはないでしょう。

具体的には以下のようなものが考えられますね。

  • 街コン
  • 知り合いづての婚活合コン
  • 趣味コン・オフ会
  • 昔ながらのお見合い

要するにこれらは「身近なところから攻める婚活」になります。しかし、個人的な考えですが、婚活を考えているということは、身近なところは攻めつくした、もしくは攻めようがない、という方なはず。

もし本当にそうで、それでも結婚をあきらめていないなら、ガチな婚活の世界へ一歩踏み出す必要はありそうです。

まとめ

今回は婚活について書いてみました! この記事で「婚活とはなんなのか?」「婚活するにはどうすればいいのか?」について、ご理解いただければ幸いです。

さて、紹介した3つの婚活方法について以下にまとめました。見てみると、どれも一長一短であることが分かりますね。今の自分に最も合うと思える方法を選べば良いと思います。

  • マッチングアプリ:気軽に低コストで始められる分、行動力が必要
  • 婚活パーティー:一回あたりの参加費はそう高くないが、参加者を自分で選べるわけではない
  • 結婚相談所:様々なサポートを受けられるが、高コスト

ただ一ついえるのは、お金をかければかけるほど良い相手と出会える確率は上がるということ。マッチングアプリを無料で使い続けるのも良いですが、結婚に対して本気なら毎月数千円のお金をケチってはいけません。婚活に何十万何百万とかけている人もいるわけですからね。

もちろん、それに関しては自分自身の経済状況とも相談する必要がありますが、要するにお金をかけるということは、少なからず誠意につながるのです。お金でカバーしきれないところは、あなたの行動力や人間性で補っていきましょう!

最後に、婚活とは運命の相手と出会うまでの道のりです。長く険しくなるかもしれませんし、思いの外、すぐにゴールできるかもしれません。なんにしろ、物事は行動しないと始まってくれないもの。

一歩、また一歩と、確実に歩んでいけば、必ず運命のお相手にたどり着けるはずです。やり方を間違えなければ、努力があなたを裏切ることは決してありません。

それでは、素敵な婚活ライフを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加