MENU

婚活アプリはこの中から選ぼう!みんな使ってる人気の婚活アプリ7選!

マッチングアプリで婚活するなら、どのアプリを使うべき?

こんにちは、Loverador編集部です。

この記事では、これからマッチングアプリを使って婚活をしたい方向けに、70種類以上あるアプリの中から人気のアプリを7つ、厳選してご紹介します。

アプリによってユーザーの属性には大きな差があります。

あなたが出会いたいユーザーがいないアプリを使っても、手間ばかりが増えてしまい、貴重な時間が失われてしまうので、まずはあなたにピッタリなマッチングアプリを選ぶところから始めましょう。

みんなが選ぶ婚活アプリ7選

1. ユーブライド(特におすすめ!)

公式サイト ユーブライド
運営 株式会社Diverse
会員数 140万人超
男女比 5:5
主な年齢層 30~40代
料金 男女ともに2,320円/月〜
Facebookアカウント 不要

「ユーブライド」は、ミクシィの子会社である株式会社Diverseが運営する、婚活アプリです。運営実績は17年と、婚活アプリの中で最も老舗の部類に入ります。

婚活に特化したマッチングアプリでは最も会員数が多く、真面目な出会いを求めている人に最適な婚活アプリでしょう。

もちろん、その理由は会員数の多さだけではありません。マッチングアプリは基本、女性優遇な料金システムですが、ユーブライドは婚活アプリらしく、全ての機能を使うためには男女ともに有料プランに入る必要があります。

その他、独身証明や年収証明をユーブライドに提出することによって、異性に「優良物件アピール」をできる点も婚活アプリらしいといえる特徴の一つです。

ネット婚活初心者で、「婚活アプリはどれを選べばいいの?」と悩んでいるなら、婚活に必要なものが全て揃っているユーブライドから触ってみると良いでしょう。

ユーブライドの特徴

  • 大手SNS「ミクシィ」グループによる運営
  • 料金システムは有料プランとオプションのみのシンプル仕様(「いいね」購入などの追加課金要素ナシ)
  • 婚活に特化したマッチングサービスの中では会員数No.1
  • 年収証明、学歴証明、独身証明など、様々な証明書が提出できる
  • ガチの婚活アプリ。婚活アプリ選びで迷ったらとりあえず登録すべき

2. Pairs(ペアーズ)

公式サイト Pairs
運営 株式会社エウレカ
会員数 800万人超(業界最大級)
男女比 6:4
主な年齢層 20~30代
料金 女性:無料~
男性:3,480円/月〜
Facebookアカウント 必須

「Pairs」は、株式会社エウレカが運営する、恋活、婚活アプリです。FacebookやTwitterなどで頻繁に広告が出るので、マッチングアプリについて詳しくなくても「名前は知ってる」という人は多いのではないでしょうか。

その知名度は伊達ではなく、会員数800万人超えと国内最大級の規模を誇ります。「会員数の多さ=マッチングアプリの信頼度」と言えるので、信頼や安心感を重視するのであれば、とりあえずPairsを選んでおきましょう。

出会える率も半端ではありません。なんと会員の半数以上がPairsで会った人とデートをしたことがあるそうです。あまりの人気に、韓国、香港でのサービス展開も決まったそうですね。

ただし、Pairsは上で紹介したユーブライドと違い、婚活専用アプリというわけではありません。恋活利用も多いアプリなので、婚活目的で活動するのであれば、その点をあらかじめプロフィールに明記した方が良いでしょう。

Pairsの特徴

  • 日本におけるマッチングアプリの草分け的存在
  • 会員数は業界最多。ただし、恋活利用も多い
  • 量だけでなく、会員の質も一定の評価を得ている
  • 会員数が膨大なので幅広い年齢の人が登録してる
  • 出会える率を高めたいなら、他のアプリと掛け持ちしてでも登録しておいた方が良い

3. marrish(マリッシュ)

公式サイト marrish
運営 株式会社マリッシュ
会員数 6万人
男女比 5:5
主な年齢層 40代前後
料金 女性:無料
男性:2,580円/月~
Facebookアカウント 不要

「マリッシュ」は株式会社マリッシュが運営する、恋活、婚活、再婚アプリです。

会員数は少なめなのですが、それもそのはず。マリッシュは他のマッチングアプリと比べて、まだまだ新しいアプリです。マリッシュの運営開始は2016年11月。記事執筆時点では2年目に入ったところになります。

運営開始当初は「過疎すぎて出会えない」というネガティブな意見もありましたが、逆に言えば「サクラで会員数を盛っていない」ということが証明されているとも言えますね。今は会員数が6万人を超えており、アクティブユーザーも問題ない程度には多いです。首都圏はもちろん、地方ユーザーも最近は増えてきました。

ところで、恋活もOKと謳っているのでライトな感じなのかといえば、意外とそんなことはない印象です。再婚応援キャンペーンをやっているからか、目測ではありますが、会員の半数以上が結婚・再婚を前提にした出会いを求めているようです。プロフィール画像に自分の子供の写真を設定している会員さんも結構います。

再婚活動を応援しているアプリは中々見られないので、マリッシュは穴場な婚活アプリと言えるでしょう。「有名なアプリだとバツなしの会員さんが多くて活動しにくい……」という方にもオススメなアプリです。

marrishの特徴

  • バツあり、シンママ、シンパパはポイントがもらえるキャンペーンを実施中
  • サービス開始は2016年11月と、比較的新しいマッチングアプリ
  • プロフィールに動画を設定できる機能は他のアプリにない特別な機能

4. with(ウィズ)

公式サイト with
運営 株式会社イグニス
会員数 12万人超
男女比 6:4
主な年齢層 20代
料金 女性:無料
男性:1,800円/月~
Facebookアカウント 必須

withは「株式会社イグニス」が運営する婚活・恋活アプリです。

メンタリスト「DaiGo」が監修していることを売りにしており、実際にアプリ内でも心理テストや相性診断などが行われます。

「DaiGo」って誰?

メンタリスト、作家として活動している日本人男性。テレビ出演の際には、有名芸能人たちの心理を読み取ってババ抜きで連勝したり、フォークを曲げたりといったパフォーマンスで、出演者の心だけでなくお茶の間の心も掴んだ。

活動はメディア露出だけにとどまらず、withのイメージキャラクターとしてはもちろん、経営コンサルタントや起業セミナーなど、幅広く活躍している。

withでは、心理テストや相性診断をすると結果に応じて相性の良い異性を一覧表示してくれるのですが、これが意外とアテになるので驚きです。

会員さんは全体的に若めで、「真剣な恋愛」をしたがっている人が多いイメージです。婚活というよりも恋活アプリとしての印象が強いですが、「pairsとかと比べると真剣な人が多い気がする」なんて声もちらほら。Loverador編集部の女性メンバーからも人気の高いアプリです。

真剣な恋愛からの発展を求めているなら、withでの婚活は選択肢の上位に入れるべきでしょう。

withの特徴

  • メンタリスト「DaiGo」監修
  • ときどき開催される相性診断が結構アテになる
  • 会員層が若め
  • 恋活利用が多いが、真剣なユーザも多い

5. Omiai

公式サイト Omiai
運営 株式会社ネットマーケティング
会員数 250万人超
男女比 6:4
主な年齢層 20~30代前半
料金 男女ともに2,780人/月~
Facebookアカウント 必須

「Omiai」は株式会社ネットマーケティングが運営する、婚活・恋活マッチングアプリです。

メディア紹介実績は『anan』『AneCan』などの女性ファッション誌をはじめ、『朝日新聞』『テレビ東京』など、新聞やテレビで紹介された実績もあります。

Pairsとほぼ同時期に運営が開始されたアプリで、利用にはFacebookアカウントが必須という点も共通。しかし、どこで差がついたのかは分かりませんが、会員数は圧倒的にPairsが多いです。とはいえ、会員数200万人超えということなので、使う側としては問題なく出会えるでしょう。

高年収男性の会員が比較的多いらしく、女性にとっては特に狙い目と言えるアプリでしょう。逆に言えば、男性にとってはライバルが多いアプリとなるかもしれません。

Omiaiの特徴

  • タイムライン機能が優秀
  • 「いいね!」の種類が8つある。「笑顔が素敵!」や「趣味が一緒!」など
  • 不定期でキャンペーンを実施する。「いいね!無料押し放題」や「平日夜ごはんデート」など

6. ゼクシィ縁結び

公式サイト ゼクシィ縁結び
運営 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
会員数 30万人超
男女比 4:6
主な年齢層 20~30代
料金 男女ともに2,400円/月~
Facebookアカウント 不要

「ゼクシィ縁結び」は、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する婚活アプリです。

ゼクシィ縁結びで出会えた人の8割は6ヶ月以内に出会えています。同アプリのコンセプトは「はじめての婚活を応援する総合婚活サービス」。ゼクシィ縁結びにはマッチング機能だけでなく「お見合いコンシェルジュ」という、お相手とのデートをセッティングしてくれるサービスまで揃っています。

真剣に婚活をしたい人向けのアプリというだけあり、フォロー体制はバッチリなようですね。

ゼクシィ縁結びの特徴

  • ネームバリューによるものか、女性の割合が最も高い
  • 相性の良い異性を毎日4人紹介してくれる
  • 「お見合いコンシェルジュ」がデートの日取りを調整してくれる

7. マッチドットコム

公式サイト マッチ・ドットコム
運営 マッチ・ドットコム ジャパン株式会社
会員数 187万人超
男女比 6:4
主な年齢層 30代
料金 男女ともに2,200円/月~
Facebookアカウント 不要

「マッチ・ドットコム」はマッチ・ドットコムジャパン株式会社が運営する、海外発のマッチングアプリです。

運営開始時期は1995年と20年以上の歴史があり、マッチングアプリ界の老舗所ですね。

リリース当時からしばらくはWebサービスとして提供されていましたが、数年前にスマホアプリでも利用できるようになりました。

マッチドットコムの特徴

  • 海外で人気が高いマッチングサービス
  • バンドルプランがすっごいお得
  • 条件をクリアすれば有料プランが半額になる

特にオススメのアプリはこの2つ!

さて、イマ人気のマッチングアプリを7つほどご紹介しました。知名度や会員数、年齢層などを基準に使うアプリを選んでみてください。

当メディア、Loverador(ラブラドール)で特にオススメなアプリは、「ユーブライド」もしくは「Pairs(ペアーズ )」です。

真剣婚活向けで選ぶなら「ユーブライド」

真面目、真剣婚活に定評のある「ユーブライド」。婚活向けアプリの中で、最も会員数が多いため沢山の会員の中からお相手を探すことができます。

「独身証明」、「年収証明」を証明することによって”優良会員”としてアピールしてくれるシステムなど、安心して婚活したい人向けのアプリと言えます。

知名度で選ぶなら「Pairs」

婚活のみでなく、恋活も含めれば国内最大級の会員数を誇る「Pairs(ペアーズ )」。

主要SNSである、FacebookやTwitterなどに頻繁に広告が出ているので、婚活をしていて、なおかつPairsを知っている人はおそらく多いでしょう。知名度が高いサービスということで、必然的に色々な方が集まってきます。

Pairsは「婚活専用アプリではない」ので、婚活目的でない人も登録されています。なので、見方を変えれば婚活専用アプリでは出会えない層のお相手とも会える可能性があるのです。

これをチャンスの幅が広がると考えるか、無駄な出会いと捉えるかは使う人次第です。婚活フィールドをより広げてみても良いかな、と感じる方はぜひPairsも使ってみてください。

まとめ

人気の婚活アプリを7つご紹介させて頂きました。いかがだったでしょうか。

婚活目的でマッチングアプリを使う方は、近年増えてきているように思います。お見合いパーティーや結婚相談所では出会いない層の人達と会えるので、婚活の幅が広がった方もいるのだとか。

この記事でご紹介した7つのアプリ、登録自体は全て無料です。お相手とマッチングして、メッセージするところから有料となりますが、「どんな方が登録しているか?」や「アプリの使い勝手はどうだろう」については無料会員のままで十分に確かめることができます。

ぜひ気になるアプリがあればインストールしてみてください。

実際に使ってみて、自分と相性の良さそうなアプリに巡り会えたら、そちらを中心に婚活をしていきましょう。

きっと、素敵な出会いが待っています。