MENU

【対談】クリスマスに彼女がほしい男性へ。今からクリぼっちを回避する最善の行動とは?

スポンサーリンク

クリスマスまでに彼女が欲しいなら、最初すべきことはコレ!

アバター
やまだ

これ、知りたい男性も多いと思うんですけど、

11月下旬現在でクリスマスを独りで過ごすことがほぼ確定している男性が、クリぼっちを回避できる一番確率が高い方法を教えてください。

アバター

うーん、クリぼっち回避の定義はどうしましょうか。彼女ができたらクリアなのか、彼女ができなくてもぼっちを回避できれば良いのか。

アバター
ユウト

後者がいいんじゃないですかね? 交際する可能性のある女の子とクリスマスデートに行けたら、クリア。

アバター
Victoriaさん

じゃあ、そうしましょう。

今、異性と出会う方法っていうと真っ先に浮かぶのはマッチングアプリとか街コンですよね。

でも、マッチングアプリだと、既に使い慣れている人じゃなきゃ短期間で良い感じの相手を作るのは難しいんじゃないかと思います。

そういう意味では、マッチングアプリよりは街コンの方が良いかもしれないけど、これも初対面の相手との対人スキル、コミュニケーションスキルに依存する部分が大きいから、万人にはオススメできません。

そこで私がオススメしたいのは、自分のLINEを開いて、フリーの女の子に、気になる順にアプローチを取ってみること。「クリスマスって予定あるー?」みたいな、気軽な感じでね。

すごくシンプルだけど、実はこれが一番効率が良いんじゃないかなって私は思っています。

アバター
ユウト

とりあえずアクションを起こせってことですね。

アバター
Victoriaさん

そういうこと。女の子としても、誘ってくれたら考えられるじゃないですか。「あ、そうなのか」「この人、クリぼっちなのか」って。

アバター
やまだ

なるほど。

アバター
ユウト

でも、冷静にそう思われちゃうのは、ちょっと恥ずかしいな。

アバター
Victoriaさん

大丈夫ですよ。自分もクリぼっちなんだから。

アバター
ユウト

それもそうですね。

えっと、誘う際に「いや、やましい目的で誘っているわけじゃないよ」とか、「大丈夫だよ、そのまま付き合うとかそういう感じではないから」みたいな一言を添えるのはアリですか?

アバター
Victoriaさん

それはナシかな。そういう補足されるとやっぱ萎えますし、ある程度ぼやかされていた方が、女の子としても想像が膨らむと思う。

女の子は妄想が好きなんですよ。「え、まさかこれって……」ってみたいなことを思いたいんです。

どうしても恥ずかしいと思うなら、逆にすごくシンプルに言っちゃった方が良いと思います。例えば、「俺、このままだとクリスマス1人なんだけど、予定とかなかったら一緒にご飯行かない?」みたいな。

アバター
ユウト

なるほど。確かにそういう素直な誘われ方すると、誘われる側としても安心しますよね。

「無理だ。お前は一人で飯に行け(低音)」とは言えない。

アバター
やまだ

何で低音ボイスなの? 女子のセリフなのに(笑)

アバター
ユウト

なんとなくです。

アバター
Victoriaさん

いつもこんなノリなんですか? この編集部(笑)

アバター
やまだ

いや、編集部というか、編集長がこんなノリですね。編集部員たちはみんな真面目に仕事してますよ。ほら。

アバター
りょお

カタカタカタカタカタ……(タイピング音)

恋愛×心理効果ブロガーが語る、クリスマスデートの誘い方の最適解

アバター
Victoriaさん

そうそう。女の子をデートに誘う時の、OKもらえる確率の高い誘い方っていうのがあるんですよ。

アバター
やまだ

お、やっと「恋愛×心理効果ブロガー」の、「心理効果ブロガーたる部分」が出てきましたね。どう誘うと確率が高くなるんですか?

アバター
Victoriaさん

「ローストビーフと中華どっち食べたい?」って聞くんです。

アバター
ユウト

まさかローストビーフにそんな心理効果があるとは……。

アバター
Victoriaさん

いや、問題はそこじゃなくて質問の仕方です。

※ローストビーフ自体に特殊効果はない模様。 image by 123RF
アバター
Victoriaさん

「ローストビーフが美味しい○○と、○○中華料理店、行くとしたらどっちに行きたい?」っていう、答えがある程度限定された質問をするんです。で、相手がどっちか選んだら、「クリスマス、そこ行こうよ」と。

アバター
ユウト

あー、それはよく言いますよね。二択の質問をされると、その二択以外の答えを選びにくいってやつだ。「闇金ウシジマくん」でサイコパスが言ってた。

アバター
Victoriaさん

サイコパスは知りませんが、いわゆる、クローズドクエスチョンってやつですね。

アバター
やまだ

閉ざされた質問。

アバター
Victoriaさん

そうです。例えば、「クリスマスってどんな予定?」っていうオープンな質問だと、質問される側の女の子としては、「何で?」「意図は何なの?」って考え始めちゃうんです。

クローズドクエスチョンって誘う側にもメリットがあって、オープンクエスチョンをしちゃうと、質問した側としても、「あ、全然やましい意味じゃないから」なんて補足を入れたくなっちゃうんですよね。

さっきも言いましたけど、補足ってされる側からすると萎えるんですよ。「あーこの人ないわ」って思っちゃうんです。補足したくなるような中途半端な言い方はしない方がいい。

アバター
ユウト

なるほど。

アバター
Victoriaさん

クローズドクエスチョンは、会話の主導権を相手に渡さずに話を進められる質問の仕方なんです。

オープンクエスチョンだと、脳がある程度リラックスした状態になるから、相手に会話の主導権を握っちゃって、こちらの意図通りに相手を誘導しにくくなるんです。

アバター
やまだ

デキる営業マンってこういう心理効果バンバンつかってきますよねー。

アバター
Victoriaさん

ですね。

恋愛のシーンでこういう心理テクニックを使うのはちょっとずるいような気もしますが、今回は、クリぼっちを避ける最適解が知りたいってことだったので、挙げてみました。

アバター
ユウト

四の五の言ってられませんからね。

アバター
Victoriaさん

あ、一つ注意点を挙げておくと、こういう心理テクニックは、そもそも自分に対して心を閉ざしている相手には効かないので注意してくださいね。

苦手意識を持たれてしまっている相手から「ローストビーフか中華か」と聞かれたところで、クローズドクエスチョンを打ち破って「何で?」という質問をされるか、無視されてしまうだけなので……。

アバター
やまだ

最低限の好感度は必要ってことですね。

モテない男性は無駄に高いプライドを持っていて、レディファーストが足りてない

アバター
ユウト

めっちゃ関係ない話をして良いですか?

アバター
Victoriaさん

え? どうぞ(笑)

アバター
ユウト

昨日、ちょっと仕事の関係で、ある企業の社長さんと飲んでいたんですけど、その社長さん、小柄で背があまり高くなくて、顔も別にすごーくイケメンってわけでもないのに、めちゃくちゃモテるんですよ。

経験人数はもう○百人を突破しているとかで。

アバター
やまだ

えっ。

アバター
Victoriaさん

○百人!?

アバター
Victoriaさん

はい。

と言っても全て本人談ですし、僕も現場を押さえたわけじゃないので確証はないんですけど、話を聞いている限り、とりあえず嘘ではないと感じました。

実際、僕と飲んでいる間にも、その方の形態にはそれらしい女の子から連絡がちょいちょい掛かってきてましたからね。しかも何枚か写真を見せていただいたんですが、いわゆる「俺の女」的な女の子たちがめちゃくちゃ可愛いんですよね。モデル級に可愛い。スタイルも良いperfectって感じ。

We are perfect womens ※画像はイメージです。 image by 123RF
アバター
やまだ

えーっ。何でその飲みに誘ってくれなかったの?

アバター
ユウト

知りませんよ。いつも仕事かデートでいないじゃないですか、山田さん。

アバター
やまだ

そんな重要そうな会なら優先して予定空けるよ!

アバター
ユウト

デート行けよ!

アバター
Victoriaさん

ねえ、でもその人って社長さんですよね? 単純に、お金があるからモテるんじゃないの?

アバター
ユウト

いや、それが理由ってわけではないみたいなんですよ。まあ、社長さんなのでお金はめちゃくちゃあるんですが、その人、お金が全くない大学生の時から、経験人数は百人を超えていたんだそうです。

アバター
Victoriaさん

マジ?

アバター
ユウト

もちろん、お金がモテ度に拍車をかけているとは思うんですけどね。ただ、話を聞いていて、「この人がモテるのはお金だけじゃないな」とも思ったんです。

アバター
やまだ

詳しくお願い。

アバター
ユウト

その社長さん、女性に対するレディファーストの姿勢が凄まじいんですよ。

そりゃあ、彼も男だし、社長だから、生き方や仕事に対するプライドはものすごく高いと思うんです。でも、女性の前では良い意味でプライドを捨てられるから、相手を喜ばせるためにどこまでも身を挺することができる。

下手に媚は売らないし貢いだりもしないけど、どうやったら相手が喜ぶかを最優先に考えていて、連絡もマメに取って、メンタルケアもばっちり。

それに加え、元はバリバリの営業マンだから、押すときはしっかり押せる。ベッドの上では女の子のa    (自主規制)

アバター
Victoriaさん

ベッドのくだりは正直わかんないけど……それは確かにモテそう。

アバター
やまだ

なるほどねぇ。

アバター
ユウト

僕も一応経営者ですし、こうやって恋愛メディアをやっていている人間なので、日ごろから色んな人に会って色んな恋愛ネタを仕入れているんですけど、その社長さんは僕が知っている中でも飛び抜けてモテる人の一人ですね。

アバター
やまだ

そりゃ、そんだけ経験人数多ければそうだよね。

アバター
ユウト

僕思うんですけど、その社長さんも含め、めちゃくちゃモテる男性って、基本的に男性優位の考えがないんですよね。

逆にモテない男性の多くって、モテないくせに、女性を見下して物事を考えがちなんです。自分のプライドが少しでも女性によって脅かされそうなら「いやいやいや」とすぐに割って入る。語気を強めたり、反論がしづらいようなことを言って、常に優位でいようとする。

これって逆も然りで、モテない女性ほど、女性がいかに大変かを主張して、男性を卑しいものとして位置づけようとするんです女性の尊厳が少しでも傷つけられようものなら、すぐにヒステリックになる。で、そういう人に限って、日頃から、男性の尊厳を傷つけるようなことは平気で言う。

男と女、どっちが上でどっちが下とか思っている時点で、浅いんですよね。

……まあ、話を男性に戻しますけど、いろいろと意固地になっている男性は、相当なイケメンでもない限りモテないと思います。いや、相当なイケメンでも大してモテないでしょう。

でも、男性優位のプライドを放棄できて、きちんと女性を立てた上で、滞りなくコミュニケーションが取れる男性は、小柄だろうがなんだろうがモテるんです。

アバター
やまだ

なるほどね。

本当にモテる人って、そもそも、多くの人から好かれてるよね。

「Like」の下地がなければ、たくさんの人から「Love」は集められないというか。

確かに「Like」って、後天的な要素が生み出すものだよね。

アバター
Victoriaさん

勉強になるなあ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加