MENU

マッチブック(Matchbook)の料金システム 男性版を解説!月額プラン、プレミアムオプションについて誰にでも分かりやすく解説!

2015年に登場して以来、急激に会員数を増やしている話題の恋活・婚活アプリ『マッチブック (Matchbook)』。

この記事では、マッチブックアプリの男性側の料金システムについて解説します。解説する内容としては以下の通りです。

  • マッチブックを使う場合にかかる費用
  • 無料会員と有料会員では何がどう違うのか
  • プレミアムオプションとは何か? またどんなことができるのか。

これからマッチブックを使おうか迷っている方や、pairsやwith、タップルからの乗り換えを考えている方に役に立つ内容になっております。ぜひ最後までご覧ください。

マッチブックってどんなサービス?

マッチブックはリクルートの100%子会社である株式会社ニジボックスが運営するマッチングアプリです。リクルートブランドのアプリなので、個人情報保護や監視体制などの安全対策はバッチリです。

ユーザ数は公式が非公開としておりますが、男女比は4:6となっております。女性の方が登録者数が多いマッチングアプリです。

マッチングアプリとしてのマッチブックの機能は、とてもスタンダートなものです。機能面以外での特徴としては20代前半の女性が多いという点と、大きなポイントは関東の大学のミスター・ミスキャンパス100人も利用している点です。(所属大学:東京大学、慶應義塾大学SFC、千葉大学、学習院大学、國學院大学、日本大学、麻布大学)

月額料金は、他のマッチングサービスと比べて少しだけ高いです。その分、女性側からすると「真剣な男性が登録する」という安心感があります。

マッチブックは完全に遊び目的で使う分には割りに合わないアプリですが、将来を見据えた出会いを視野に入れている方にはピッタリなアプリと言えるでしょう。

マッチブックの料金体系(男性版)

マッチブックは女性無料、男性有料のアプリです。

マッチブックの男性会員は大きく分けて以下の4つに分かれます。

  • 無料会員
  • 有料会員
  • 有料会員(プレミアムオプション)
  • 有料会員(シークレットオプション)

それぞれの違いを見ていきましょう。

マッチブックの無料会員ができること

マッチブックの無料会員は限られた機能のみ使うことができ、女性とやりとりするための以下機能が使えません。

具体的には以下の通り。

  1. 女性ユーザーの「いいね!」数がわからない
  2. マッチング後、最初のメッセージしか送れない
  3. 相手からのメッセージを開封できない

これらの制限の中でできることは、あくまでサービスの雰囲気を知ったり、実際に出会えるかをテストしたりするくらいでしょう。アプリの使い易さ、自分との相性を確かめるには無料プランだけでも判断できそうです。

もし「マッチブックに興味があるけど使うかどうか迷っている」というのであれば、まずは無料会員になってみてマッチブックの使用感を確かめてみるといいでしょう。

マッチブックの有料会員と月額プラン

マッチブックは無料会員だけでは、女性と出会うまでには行き着けません。有料会員になることで、メッセージのやりとりが可能になり、女性と出会えるまでになります。

マッチブックの有料プランを表にまとめました。

1ヶ月プラン 3,980円/月
3ヶ月プラン 3,660円/月
(一括10,980円)
半年プラン 2,996円/月
(一括17,976円)
1年プラン 2,415円/月
(一括28,980円)

一括契約の期間が長くなるほど、月当たりの料金がお得になる仕組みです。「どのプランを選ぼうか?」と迷ったら、3ヶ月プランか半年プランをおすすめします。

1ヶ月だけですと、仲良くなった女性と途中でやり取りが止まってしまうかもしれませんし、1年プランですと、正直そこまで利用を続けるかは微妙なところです。

なお、先ほどの表はクレジット決済での金額ですが、マッチブックではApple ID、Google Playでの決済もあり、クレジットとは料金が異なるものがあります。こちらも表でまとめました。

クレジットカード Apple ID Google Play
1ヶ月プラン 3,980円/月 4,100円/月 3,980円/月
3ヶ月プラン 3,660円/月
(一括10,980円)
3,933円/月
(一括11,800円)
3,660円/月
(一括10,980円)
半年プラン 2,996円/月
(一括17,976円)
3,133円
(一括18,800円)
2,996円/月
(一括17,976円)
1年プラン 2,415円/月
(一括28,980円)
2,483円
(一括29,800円)
2,415円/月
(一括28,980円)

上図の通り、クレジットカード決済とGoogle Play決済の金額は同じです。Androidアプリからの利用なら、どちらでも好きな決済方法を選ぶので良いと思います。

iPhoneの場合はApple IDでの決済を選んでしまうと割高ですので、何か特別な理由がない限りはクレジット決済を選ぶようにしましょう。

マッチブックの有料会員ができること

マッチブック有料会員になると、以下の機能が使えるようになります。

  • 相手のいいね!数が分かるようになる
  • メッセージのやりとりができるようになる
  • 有料会員になった時に、30回分のいいね!がもらえる

有料会員になれば、マッチングさえしてしまえば相手のとのメッセージやり取りは無制限です。そこから実際に出会えるかどうかは、あなたの腕しだい。

なお、いいね!は無料会員のままでも毎月30回分付与されます。

マッチブックのコイン制度とその料金体系

マッチブックのポイント制度、通称マッチブックコインは「いいね!」と交換できたり、メッセージ付きのいいね!を送るのに使えます。具体的にまとめると、このようになります。

  • 1コインで1いいね!と交換できる
  • 3コインでメッセージ付きいいね!が遅れる

メッセージ付きいいね!は、いいね!を送る際にメッセージも添えられる機能です。通常のいいね!よりも、マッチング率が高くなります。コインはアプリ内課金という形で購入できます。

クレジットカード Apple ID Google PLAY
10枚 1,280円 1,400円 1,280円
20枚 2,480円 2,500円 2,480円
30枚 3,480円 3,500円 3,480円
40枚 4,480円 4,600円 4,480円
50枚 5,680円 5,700円 5,680円
100枚 9,800円 10,400円 9,800円
500枚 46,800円 48,800円 46,800円

コインだけでこのお値段、というのは少々割高な印象を受けます。しかし、マッチブックでは3日連続ログインで3コイン、その後は1日1コインが無料で貰えますので、地道にログインさえしていれば購入せずとも済みそうです。

マッチブックのプレミアムプランでできること、加入するメリット

マッチブックでは、より出会いやすくなるためのプラスオプションがあります。このオプション、プレミアムオプションは有料会員向けのサービスとなり、有料会員で使える機能にプラスして以下のことができるようになります。

  • 毎月50回分の「いいね!」が付与される
  • 女性からの足跡を無制限にみられる
  • メッセージの未読・既読がわかる
  • 検索条件を細かく設定できる
  • 自分のオンライン表示を隠せる
  • 女性が検索した際に、検索結果で自分が上位表示される
  • メッセージの優先審査

ご覧の通り、通常の有料会員に比べて格段に出会いやすくなる機能がずらり。

ちなみに毎月50回分のいいね!は、通常の30回分に加えて20回分が貰えるというものです。いいね!付与はプレミアムオプション加入日になります。

マッチブックのプレミアムプランの料金体系

マッチブックのプレミアムオプションの料金を下図にまとめました。

クレジットカード Apple ID Google  Play
オプション料金 3,980円/月 4,100円/月 3,980円/月

プレミアムオプションは、月額料金に上乗せで料金がかかります。例えばクレジットカード・Google Playの1ヶ月契約の場合の料金は3,980円なので、そこへ3,980円がプラスになり合計7,960円となります。

毎月のスマホ代くらいかかりますね。となると、プレミアムオプションに加入したならばまとまった時間を取って、元を取れるくらいアプリを使い倒しましょう。仕事が落ち着いた月や長期休みなどがあれば、プレミアムオプション加入を検討してみてください。

また、マッチブックでは稀に「プレミアムオプション無料キャンペーン」をすることがあります。条件などその都度変わりますが、そういったキャンペーンがあれば凄くラッキーですので、機会をお見逃しなく。

シークレットオプションでできること、料金体系

マッチブックには、身バレ完全防止機能として「シークレットオプション」があります。

具体的には「自分がいいね!を付けた相手以外には検索で非表示になる」、「自分の足跡が残らない」という機能です。

料金は月額2,480円(AppleIDの場合は2,500円)。こちらもプレミアムオプションと同様、月額費用に上乗せされます。

マッチブックはFacebookと連動したアプリで、シークレットオプションがなくともFacebookの友達に限っては相手の候補から外れる仕組みです。ただし、Facebookを活発にやっていない人(友達数が少なかったり、そもそもほぼログインしてないような)は、マッチブック内で知り合いに遭遇する可能性はあります。

身バレだけは完全に防ぎたい! という人は、シークレットオプションを利用するといいでしょう。余計な不安要素は排除したほうが、恋活・婚活に集中できますね。

まとめ

今回はマッチブックの料金システムについて書いてきました。いかがだったでしょうか。

男性が女性とメッセージのやり取りをするためには、有料会員になることが必須です。ただ、無料会員のままでも女性のプロフィールを見たり、いいね!を送ることはできます。なので、まずは無料で登録してみて「好みなタイプがいそう」なら有料会員になるのがベストかと思います。

冒頭で紹介した通り、マッチブックには20代前半の若い女性が多いです。個人的な感想としては、マッチブックには可愛い子が多いですね。

アプリは無料から使えます。早速インストールして、素敵な出会いを探しにきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加