MENU

マッチングアプリで出会った子とのデートでご飯は奢るべき?元奢らない派が自戒の念を込めてお伝えします

こんにちは、Loverador編集長のユウトです。

今回は、マッチングアプリで出会った女の子にご飯を奢るべきかどうかということについて書いていきます。

まあ、結論から言えば奢った方がいいのですが、今回は、「なぜ奢った方がいいのか」ということと、「線引きをどうするか」ということについて重点的に書いていきたいと思います。

ちなみに僕はもともと「ほとんど奢らない派」でした。最近は基本的に奢るようになり、そのせいか、男女関係だけでなく多くの物事が上手く回っている感がありますが、昔はかなり錆びついた毎日を送っていたなあ、と思います。

もしあなたが、「ほとんど奢らない派」で、過去の僕と同じような毎日を送ってしまっているのであれば、この記事がちょっとは役に立つのではないかと思います。ぜひ見てみてくださいね。

前提として、マッチングアプリうんぬん関係なく、女の子には奢ったほうがいい

まず、マッチングアプリで出会った子に奢った方がいいかどうかについてですが、これは奢った方がいいです。

理由はいくつかありますが、一番の理由は、無駄なマイナス評価を受けないようにするためです。

基本的に、女性は男性に比べて奢られることに慣れています。それが上司からなのか、バーで出会ったおじ様からなのか、娘離れできていないパパからなのかはわかりませんが、男性より奢られる機会が多いのは間違いないでしょう。

容姿が整っているような子なら、尚更です。

また、奢る奢らないに限らず、女の子が社会の中で経済的に優遇されている点は多いです。そもそもマッチングアプリがその典型例ですよね。街コン、相席居酒屋、他にも「男女の出会い」が絡む系のものは基本的に男性が多くを負担します。

それに……少しセンシティブな話題にはなりますが、若い女性は、同年代の男性と比べると、いざとなった時にお金を作る手段がたくさんあります。いわゆる「お水」の仕事もそうですが、明るい時間にできるお仕事でも、「若さ」「可愛さ」を武器にお金を作れるものは多いです。インターネットが普及してきたことにより、選択肢の数はものすごく増えました。

これらの事柄がもたらすのは、男女間の「お金に対する感覚の差」

僕はこの記事を書くにあたって10名以上の女の子に軽いヒアリングを行ったのですが、そのうちの2、3人が「今の女の子はなかなかタダでは動かないからねー」ということを半ば自嘲気味に言っていました。そうでなくとも、男女間の金銭感覚に差があることはみんな認めていましたね。

どんな理由であれ、あなたが女性と親しくなりたいと考えているなら、女性の感覚に合わせて物事を判断していった方が上手くいきます。食事のチョイス、服のチョイスもそうですが、デート周りのお金についても、そう。

あなたが仲良くなりたいと思っている女の子が、「デートのご飯は男性が出すもの」という価値観を持っているなら、そこを「割り勘」でいってしまうのはマイナス評価に繋がります。

奢るというのは、一種の安定行動なのです。

安定行動とは?

「こうしておけばとりあえず問題ないだろう」という行動のこと。それを取っただけで有利になれるわけではないが、取っておけば特にリスクはない。安定行動でない行動は、リスクを取ってリターンを狙いにいく行動か、考えなしのリスクだらけの行動かのどちらか。

ちなみにゲーム用語。もともと廃人ゲーマーだったユウトは最近になって指摘されるまでこの言葉を一般用語だと思っていた。

また、マッチングアプリを使っている女の子は、高い確率で、他の男性とのデートも経験しています

仮に、前にデートした男性が奢っていて、あなたが奢らなかったとしたら、あなたの評価は相対的に下がってしまいます。「今までの人はみんな奢ってくれたのにこの人はきっちり割り勘だった」なんてことになってしまえば、印象は良くないでしょう。

もったいない減点ポイントは極力回避できるようにしておきましょう。食事の会計シーンにおいては、とりあえず奢っておけば問題ないのです。

「割り勘でいいよ」は鵜呑みにしない

女の子と言ってもいろんな子がいます。すんなり奢られる子も入れば、中には「割り勘でいいよ」と言ってくる子もいる。でも基本的には、女の子の「割り勘でいいよ」は鵜呑みにしない方が良いでしょう。

なぜなら、「本当は奢ってもらいたいけれど、図々しいと思われないように一旦は断るようにしている子」も中にはいるからです。

べつに、これは女の子に限った話ではないですよね。男性だって、上司が奢ってくれると言ってきた時に一旦は「いやいや」と申し訳なさそうな素振りをすること人は多いと思います。

それが女の子に対しても言えるというだけの話です。「割り勘でいいよ」「いやいや私も出すよ」という言葉は、社交辞令である可能性もあるのです。

もし、相手の「割り勘でいいよ」が社交辞令だった場合、それを「分かった、そうしよう(ニコッ」とすんなり受け入れてしまえば、空気の読めない男になってしまいます。

もちろん、中には本当に悪いと思って割り勘を申し出てくる子もいます。ですが、こちらが奢ろうとするのを本気で拒否してくる子はなかなかいません。「奢るよ」「いや、悪いよ」というやりとりを繰り返した際、すぐに折れる女性は、本音としては奢られたがってると見ていいかもしれません。

もちろん、全員に奢る必要はない

基本的に女の子には奢ってあげた方がいい。しかし、中には当然奢らなくていい場合もあります。僕たちメンズにも選ぶ権利はあるのです。

では、奢らなくていいのはどんな場合かというと、以下の3パターンかなと思います。

  1. 「これは脈なしだな」と確信した場合
  2. 「もう会いたくない」と思った場合
  3. 相手が奢られることを本気で嫌がっている場合

それぞれ簡単に説明しますね。

1. 「これは脈なしだな」と確信した場合

マッチングアプリでの出会いはリアルの出会いに比べてかなりドライです。2回目のデートに繋げられなければ、基本的にその子との関係は終了。さようならです。

あなたがデート中にふと冷静になって「あ、この子は多分脈なしだな」と確信してしまった場合には、奢らないとその時点で決めてしまうのもアリでしょう。

マッチングアプリはなかなかシビアな世界です。

奢らないことに対し、女の子には「は?」と思われるかもしれませんが、そこは強気で行きましょう。ただでさえ男性はお金を払ってアプリを使っているんですからね。

2. 「もう会いたくない」と思った場合

これは僕の実体験なのですが、昔、マッチングアプリで知り合った女の子に、開口一番、「彼氏にドタキャンされちゃって暇だったから来ました!」と全く悪びれる様子なく言われたことがあります……。

その子は僕にとってマッチングアプリを使って初めて会った子だったので、唖然としましたね。2人目の子に会うまで、「マッチングアプリって、相当やばい子しかいないのかもしれない」と思ってました。

僕の出会ってきた中で一番インパクトの強買った子は間違いなくその子ですが、他にも何人かは「この子は……ちょっとアレだな」という子がいましたね。

女の子は無料でアプリを使える分、適当な気持ちで使っている子も多いです。

もしあなたがデート中に「この子はもう会いたくないな」と思ってしまったなら、奢ってあげても後悔するだけなので、やめておいた方がいいでしょう。

3. 奢られることを本気で嫌がっている子

これはサバサバした性格の子や、男勝りな性格の子に多いのですが、中には奢られることを本気で拒否してくる子もいます。そういう子に対して強引に奢ることを通してしまうのは逆効果。頑固な人、恩着せがましい人だと思われてしまいます。

もちろん、相手が本気で奢られたくないのか、社交辞令的にそうしているのかは判断が難しいところですけどね。あなたが「この子は本気だな」と思った場合には、素直に申し出を受け入れましょう。

個人的な感覚では、仕事に誇りを持ってやっているOLさんや、自分でビジネスをしている女性だと、きちんとお金を払いたがる印象があります。

奢るのを嫌がる女性は、物事の分別が付いていて、自立している……と言うと讃えすぎかもしれませんが、きちんと割り勘を申し出てくれる女性は性格的にも魅力的な人が多いように思いますね。


マッチングアプリは、言ってしまえばお金で出会いを買うサービスです。ある程度シビアになれないと、出費ばかりが嵩んでしまいます。上手く使いこなす人はきちんと効率を考えています。

あなたがとても紳士な人で、足蹴な扱いをされた子にも「わざわざ時間を割いてきてくれたのだからせめてご飯くらいは奢ろう……」と思えるのであれば話は別ですが、基本的に正直者が馬鹿を見る世界であるので、淡々とした考えで臨んだ方が良いでしょう。

奢らなかった分は、あなたが今後出会うもっと素敵な女性や、家族、友人などに使う。そう考えれば、前向きな気持ちで「奢らない」ということを選択できるはずです。

まとめ

今回は、マッチングアプリで出会った子に奢るか奢らないか、という話をしてきました。いかがだったでしょうか。

要点をまとめると以下になります。

  • 基本的に奢るべき
  • 奢ったところで有利になることはないが、奢らないと不利になる可能性がある。安定行動を取ろう
  • とはいえ、奢らなくていい子もいる

冒頭でもちらっと書きましたが、この記事を書いている僕ユウトも、昔はだいぶこじらせており、20半ばを超えるまではほとんど女性に奢るということをしてきませんでした。

それだけが理由ではないと思いますが、奢らない男というのは大抵ケチか貧乏か理屈っぽい性格をしているので、見事その全ての属性を持っていた僕は、当然のようにモテませんでした。

女性に奢ってあげられるかどうかというのは、デートの場面だけでなく、日常におけるモテ度にも関係してくると僕は思っています。

やっぱり奢れるようになるとモテ度も変わりますよ。

ただ、打算的に奢ったところで大抵は見透かされる(女の子の感知能力は男よりも高い)ので、できれば読者の皆様には、自然に奢れる男性になることを目指して欲しいです。

経済的にも精神的にも余裕を持って、女性をリードできるようになれば、少なくとも全くモテないということはなくなるのではないかなと思います。