MENU

モテそうでモテない男性の特徴6選!女性目線で解説します!

こんにちはChiakiです。

あなたの周りに「モテそうだけど、実際はモテていない人」っていませんか? もしくは、ご自身がよくそう言われるとか。

職場でも恋愛でも、日々、沢山の男性を観察している私に言わせていただくと、そういった人は「モテる要素はあるけれど、何か一つ大事なピースが欠けている」可能性が高いです。

そして、何が欠けているかは、本人が自分で気付きにくいものでもあります。

それは些細なものであったり、致命的であったりと人によって様々ですが、ある程度はパターン化されているので、意識すれば克服することはさほど難しくないかなと私は考えています。

実際、私の周りにいた「モテそうで実際はモテていない男性」に僭越ながらアドバイスをしたところ、彼らは見事に彼女を作ることができました。

今回は、「モテそうなのにモテない人」のモテない所以について、6つの特徴と改善点などについて記事にしてみました!

モテそうでモテない特徴6選!

1. 基本的に受け身のスタンス

ハッキリ言いますが、自分から動けない男性は超絶ハイスペックイケメンでもない限り、恋人を作るのは難しいでしょう。「メールやデートの誘いも女性待ち」みたいなスタンスが通用するのは、相手の女性が最初からあなたのことを好きな場合のみです。

基本的に、女性は男性からのアプローチを待っています。相手のことが気になっているのであれば、積極的にアプローチしてみてください。

「僕なんかがアプローチされたらキモがられるよ」と思う人もいるかもしれませんが、アプローチを最初から不快に思う女性も少ないと思います。

行動を起こさなければなかなか現状は変わりません。等身大で全く問題ないので、少しずつ無理のない範囲で自分から動くようにしていきましょう。

2. 趣味はあるけど、得意と呼べるまでやり込んでいない

基本的に、女性は何かに長けている男性に惹かれるものです。

その長けている部分が、自分が持っていない部分だとすると尚良いと思います。なぜなら、恋はお互いを尊重しながら育まれるものだからです。

ただ、これはあくまで理想の形なので、必ずしも相手の持っていない部分を補完しようと努力する必要はないかもしれません。

それよりも大切なのは、「自分はこれが得意だ!」と胸を張ってアピールできることを作ることです。仕事に関することだと理想的ですが、趣味でも良いと思います。もし、いまあなたが趣味を持っているならば、まずはそれを伸ばしてみる。趣味がなければ、自分が得意なことを活かせる活動を始めてみましょう。

一番良くないのは、一気に沢山のことに手を出して全てが中途半端なパターンです。

きっと、モテるためでなく好きで沢山のことをしているのだと思いますが、それでも「5つ趣味があるけど、その中でこれが一番得意で熱中してます!」くらいアピールできないと、「沢山のことに手を出しているけれど、何もかも浅い人なのかな・・・」などのマイナス印象を与えてしまうことも多々あります。

また、女性が全然興味ないのに「こんな趣味がある俺かっこいいだろ?」みたいなテンションで来られるのもはっきり言ってウザいです。

もしあなたがモテないことに悩んでおり、趣味選びにも悩んでいるのであれば、女の子がイメージしやすく、一緒に楽しめるものを選ぶと良いかもしれません。

  • 練習する場所が沢山ある。もしくは自宅でも練習できる
  • 上達度が数値で測れる
  • 気軽に女性を誘える
  • 2人きりでも、3人以上でも楽しめる
  • 女性も一緒に楽しめる

以上のポイントを踏まえた最強の趣味が二つあります。

ずばり「カラオケ」と「ダーツ」です!この二つは、繁華街には必ずありますし、数人で飲みに行った後も、自然な流れで誘いやすいものでもあります。

カラオケについては、得意な曲を繰り返し練習すれば、誰でも上達することができます。仮に音痴だったとしても、練習で解決できるでしょう。ただ、音痴は自分で自覚しにくい部分でもあるので、気の置ける友人や家族などに客観的な評価をもらいながらやってみると良いかもしれません。

ダーツは、何回か遊んでいれば自然とコツを掴めると思います。

ダーツが得意な女子ってそうはいないので、楽しく一緒に遊びながらさりげなくリードしてあげると、女子的にポイント高いこと間違いなし!

チーム対抗戦などをしてみるのも良いですね。気になっている人とチームを組んで、盛り上がるだけで恋に発展する確率はぐっと高まります。

3. アニメの話題になると話の展開力がすごい

一昔前は、アニメは「オタク」のイメージが強かったと思います。しかし、今ではオタク気質がない人も普通にアニメを見るようになってきましたね。

私もアニメは全然詳しくないですが、HuluやNetflixで話題になっているアニメ作品は見る事がありますし、ドラマの原作がアニメのパターンも増えてきているので、そういったものをチェックするようになりました。アニメの話題も昔より幅広い層にウケるようになったとも思います。

しかし、相手がアニメをよく見ると言ってきたとしても、そこで意気込んで、ディープなアニメトークに持ち込んでしまうのは避けたほうが良いでしょう。

「そのアニメ見てました!」くらいの女子に対して、あまりにマニアックな部分でトークしてきたり、二次元にどっぷりハマっている生活についてを話題に出させると、ライトな感じでアニメを見ている女子はドン引きしてしまいます。

女性側がアニメ趣味に理解がある人(女性側もアニオタ)なら、そのスタンスであまり問題ないと思うのですが、アニメをほどほどに見ている女性を相手にするの場合は、気をつけてみてください。

また、アニメのことしか話せない、盛り上げられないのもかなり致命傷です。

たとえアニメ好き同士で仲良くなったとしても、女性が相手に求めているのはアニメについて語れることだけでないことも多いです。

女性と色々な分野で雑談できる力をつけましょう

アニメについて詳しいことは悪いことではないと思います。そこがマイナスイメージにならないようにするためにも「普通のことも話せるけど、アニメについても詳しい人なんだ」という印象を持たせることを目指すと良いでしょう。

4. デートに慣れていなくて、会話が空回りする

デートに慣れておらず、女の人と二人でお出かけ…空回りしていませんか?

友達と遊ぶ時や仕事でのやり取りでは、楽しい会話ができるのに、肝心なデートでは会話が弾まない、なんてことがモテない男性にはありがちです。

デートに来てくれる時点で、あなたのことが嫌いだったり、全く無関心だったりということもないと思います。2回目のデートに繋がるかどうかは、相手を楽しませることも大事ですが、マイナスポイントを作らないことも大事です。

会話に関しては経験を積まないと改善されない部分ですが、経験を重ねれば誰でも改善できる部分でもあるので、もしあなたが本気で改善したいと思っているなら、どんどん女性と会話をして経験値を溜めていきましょう。

デートで女の子と会話を続けるには、「しつこくない程度に、女の子に質問を沢山してみる」です!

やはり、女性はお話するのが大好きなんです! 男性だけが一方的に喋っていると女性は退屈してしまうので、適度に話させてあげることを意識してみてください。

ちょっとPR

もし「いきなりデートで上手く質問できるかな……」と思うなら、こっそりデート練習をして、女性との会話で上手く立ち回れるようにするのも手。

当メディア「Loverador」では女性慣れ・デート慣れしたい男性のために「デート・シミュレーション」というサービスも提供しています。

デート・シミュレーションは、ただ単に「擬似デート」をするだけでなく、デート中に女の子に色々相談したり、終わった後にそのフィードバックをレポート形式でもらえるサービスです。多くの彼女が欲しい男性たちから「参考になった」と好評いただいています。

私Chiakiもキャストとして参加しているので、興味がある方はチェックしてみてくださいね。

デート・シミュレーション

5. デートのお店のチョイスがイマイチ

小まめにメッセージのやり取りをしたり、共通の趣味を見つけて盛り上がったりして、ようやくデートに漕ぎ着けたとしましょう。

しかし、肝心なデートプランが痛手になることがあります。食事デートでは、お店選びはとても重要です。

例えば夜デートで、行く飲み屋のチョイスを間違えてしまったばかりに、あなたとお相手の女の子との未来が、大きく変わってしまうなんてことも。

そこで、私なりに、デートで行って良いお店、そうでないお店を下にまとめました。よろしければご参考にしてください!

初回デートで行ってはいけない所

  • サイゼリヤなどの安い飲食店
  • コース料理が出てくる高級店

両極端な例を出しましたが、最初のデートは極端に手軽なお店でもなく、かといって背伸びして高級店に行くでもない、なるべく身の丈に合ったデートを心がけるべきです。

初回デートで行っても良い所

  • 雰囲気が綺麗な居酒屋(お食事代の目安が3,000円くらいの場所)

デートで行っても良いお店は、「少しおしゃれで無難なお店」です。例えば海鮮系のお店をチョイスするなら、「店内に水槽があり、お魚を鑑賞できる」とか。

エスクニック系のおしゃれなお店なども良いかもしれません。

6. あともうひと押しなのに、告白ができない

「モテそうで、モテない」人の、一番の原因はここです!告白がなかなかできず、結果恋人を作れないタイプ!

二人の親密度もそこそこあって、良い雰囲気のデート選びもできるのに、告白が出来ないタイプがいます。このタイプの男性は、「告白のタイミングが掴めない」か「単純に勇気が出せない」のだと思います。

私の意見では、良い雰囲気まで演出できるのに「告白が出来ないだけ」は、かなり勿体ないです!

相手の女性が恋愛慣れしているケースでは、女性側が「男性に告白を促すスキル」を備えていることもあるので、恋愛慣れしている女性が相手なら、男性側が100%頑張る必要はない場合もあります。

しかし、恋愛慣れしていない女性の場合、そのスキルはおそらくないでしょう。結果、お互いが中途半端に「好き合ってはいる」けれど、どちらからもアプローチができず「付き合っている」まで行き着けないのです。なので、せっかくデートをするとしてもお互いが「自分からは踏み込めない」ままだと、二人の関係は一向に進展しないでしょう。

そのような状態でも次のデートに繋がればいいのですが、現実は甘くないです。「あの人は告白もしてこないのに何故私をデートに誘うの?」「もしかして目的が不純なのかも?」「もうじれったい人だなあ」なんて思われ始めたらアウトです。

告白についてですが、深く考えず、できる時にしてしまった方が良いと思います! タイミングも大事ですが、厳しいことをいうと、告白の結果はそこに到るまでの段階で決まっていることも多いです。長引かせても後々辛いことになるだけかもしれません。

そして何より、やはい想いは言葉にしないと伝わりませんからね。

告白の確率を少しでも上げたい人は……?

上でも書きましたが、告白の結果はそこに到る前の段階で大方決まっています。しかしそんな中でも、告白時の環境によって成功率を高める方法はいくつか存在するみたい。

Loverador編集長ユウトが心理学の観点からアプローチした記事があるので、興味がある方は以下のリンクから読んでみてくださいね。

まとめ

今回は、「モテそうでモテない男性の特徴」について書いてみました。いかがだったでしょうか。

周りから「モテそう」とよく言われるけれど、実際はモテない、そう言ってくる子たちと付き合いたいけど付き合えないという方には、参考になるのではないかと思います。

今回紹介したことは意識すれば改善できることばかりですから、少しずつ実践を通して、ポジティブな方向に進んでいってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Loveradorの女の子たちと
デートしてみませんか?

女子とデートを楽しみながら男を磨く「デートシミュレーション」がついにサービス開始しました。

あなたのデート力がわかります! 今ならサービス開始記念の2,000円引きクーポンが利用可能!