MENU

恋愛は「二人で」紡いでゆくモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
Loverador恋愛コンサルタントの伊藤です。

ここまで配信してきた
Loverador公式LINEのマガジンは
読んでいただけましたでしょうか?

色々なお話をしてきましたが、
一貫してお伝えしてきたのは、

恋愛において重要なのは、
外見や小手先のテクニックではなく、
内面とマインドだということです。

女性を尊重する精神

卑屈にならない自信

人の話を聞く素直さ

最初の一歩を踏み出す勇気

実践と改善を繰り返す行動力

こういったマインドを欠いたまま
恋愛をしようと思っても
なかなか上手くいかないでしょう。

根っこが腐っているのに
水をあげても花は咲きません。

まずは根っこ、
マインドを鍛えましょう。

自分とばかり向き合っていても仕方ない

その後はひたすらに出会いの場に臨んで、
改善を繰り返す。

それだけなのですが、
決して見失ってはならない
重要な観点があります。

それは、

相手に目を向けること

です。

ここまで話してきた
内面やマインドは、

あくまで
あなた自身のコトでしかありません。

恋愛は相手と「二人で」紡いでゆくモノ

相手に目を向けるのが何よりも大事です。

が、コレができていない人が非常に多いんです!

例えば、会話が盛り上がらない、
二回目のデートに繋がらない、
といったお悩み。

やりがちなのが、
面白いトークをしようと
自分の話ばかりしてしまうパターン。

女性が相槌を打って聞いてくれていると、
盛り上がったように感じるかもしれませんが、
悲しいことにそれは勘違い。

女性は気を利かせて一生懸命、
話を楽しそうに聞いていただけで、
楽しくもなんともありません。

まさに、
相手に目を向けられていませんよね?

トークを頑張る、というと、
面白い話をするとか、
自己アピールで興味を引くとか、

自分目線になりがちです。

トークで大切なのは
話すことではなく聞くコト。

相手に興味を持ち、
相手の話を引き出すコトが大事です。

どういう生い立ちなのか
どういう職業なのか
何に興味があるのか

チャットやメールのやりとりも同じです。

  • 必ず質問で終わる
  • 自分の話は長すぎず
  • 文章の長さ(温度感)は相手に合わせる

コレらを意識するだけでも
やりとりは格段に良くなります。

テクニックはこのように、
相手の女性の心理を意識できていなければ
全く意味がありません。

デートプランも同じです。
完璧なプランを作ろうと1人で頑張るよりも、
相手と会話しながら一緒につくったほうがいいです。

恋愛が上手くいかない男性は
決まってこの観点を見落としがちです。

余談ですが、

付き合った後の喧嘩なんかも、
大体はどちらかが
相手を見ていないコトが原因ですからね。

まずは相手を見て踏み出すコト

そして、ここまで外見やテクニックは
最低限で良いとお話してきました。

実は、内面やマインドも
最低限整えれば大丈夫です。

言っていることが違う、
と思うかもしれません。

何故、

これだけ重要だと言ってきた
内面やマインドも
最低限で良いかと言うと、

結局は相手の好み次第だからです。

実際に女性とやりとりするまで
正解なんて分かりようがないんです。

「イケメンじゃないから自信がない」

「女性と何を話していいか分からない」

「自分が一番嫌いだ」

これらの悩みがいかに自分ばかり見ていて、
相手の女性を無視しているか、
今なら分かりますよね?

最初は自分と向き合う。
最低限、内面とマインドを整える。
最低限、自分を磨く。

そしたら、

実際に女性と出会ってみる。
失敗したら理由を考える。
改善すべき点は改善する。

そして、
また出会いの場に臨む。

結局この繰り返ししかないんです。

インターネットのある今の時代、

  • マッチングアプリ
  • SNS
  • オフ会
  • 相席居酒屋
  • 相席ラウンジ
  • ナンパ

など、
出会いの場はいくらでもあります。

最低限の要素をおさえたら、
あとは行動あるのみ。

こう考えていくと恋愛って大分シンプルです。

3日間限定!「3ヶ月密着型・恋愛指南」の募集は明日までです。

「そんなコト言われても
どう改善していけばいいか分からない……!」

そんなお悩みに応えるのが、

Loveradorの提供する

「3ヶ月密着型・恋愛指南」

です。

▼ご参加ページ
https://loveradors.com/page-6718/

一人で心細いなら
僕たちを頼ってみませんか?

必ずあなたの力になります。

昨日のご案内から早速、
参加希望のご連絡を多数頂いています。

3ヶ月間マンツーマンで指南する、
という企画ですので、
受け入れ人数には限りがございます。

お早めにご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする